News

今西拓槙

1985年生まれ。2008年名古屋工業大学建築・デザイン工学科卒、同大学院進学。2010年大学院修士課程修了後、(株)エサキホームに入社。本社設計部設計課所属時、入社5年目にして大型分譲プロジェクト設計の大任を果たす。2019年名古屋西支店に異動後も各種プロジェクトを先導。住宅性能とプランを融和する設計企画の実施、大工育成プロジェクトなど全社横断的分野においても活躍。プラン設計の際は住む人の生活場面を思い描くことを徹底している。

NAFとは

NAFとは

NAGOYA Archi Fes 2022(通称NAF)は、「中部建築界の活性化」理念に掲げており、それに向け学生の力で何ができるのかを考え、多岐にわたる活動を行なっています。今年度で9年目を迎えるNAFは、現在、中部地方の10大学から総勢133名の学生が集まり、3月15.16日に行われる中部卒業設計展をメインに、他にも、設計展の会場デザインや、地域の建築家とのイベント、名古屋でポップアップの制作などを年間を通して行なっています。

詳しくはこちら

優秀作品

輪中建築

最優秀賞・模型賞

輪中建築

愛知工業大学
中家優

傷のあとの建築

優秀賞・学生企画賞2位

傷のあとの建築

金沢工業大学
三島みらの

都市ヴァナキュラー住宅

ファイナリスト・学生企画賞1位

都市ヴァナキュラー住宅

愛知工業大学
松本樹