日別アーカイブ: 2018年1月16日

留学

寒いですね。
雪がうっすらと地面に積もっている日もあります。
体調管理には気をつけます。

こんにちは。
審査委員会副委員長の名古屋市立大学2年のイケモトです。
ニックネームはメディです。

私からは、イタリア留学中の友人について伝えたいと思います。

私の友人Aちゃんは、同じ大学で建築を勉強していた同級生で、2年生の夏にイタリアに留学にいきました。
私とAちゃんは時々、LINEでやりとりをします。夜更かしが得意な私が深夜3時くらいに連絡すると、夜更かしが苦手なAちゃんにとっては時差によってちょうど良い時刻なのでしょうか、すぐに返信がきます。

つい最近は、Aちゃんと設計課題の課題の話をしていました。
そこで、Aちゃんが通っているイタリアの大学と、私の大学の違いに気付きました。
Aちゃんが言うには、「先生から歴史的観点から突っ込まれる」というのです。
確かに、私の大学でも2年の設計課題で歴史のことを考えて設計する人もいますが、メインではないし、設計に取り入れる人は少ないです。

しかし、敷地分析や人の流れとの関連性、とくに歴史的観点からの考えなどが、名古屋にいる私たちよりもイタリアにいるAちゃんの方が、敏感に考えさせられていると感じました。
Aちゃんは、1年生の後期の設計課題で同じグループで一緒に作品を作った仲間なのですが、設計課題以外の話をしていても、彼女が海外ですごく一生懸命勉強していて、多くのことを吸収し、成長していることが伝わります。
私も負けていられないなあと思いつつ、3年の後期に彼女が帰国するので、直接会っていろんな話をしたいですね。

さて、先輩の卒制のお手伝いが始まりました。
先輩方が一生懸命に作業したり考えていたりするのを見て、すごいなあと思いつつ自分の2年後について時々考えます。

ことしもNAFをよろしくお願いします。