日別アーカイブ: 2016年10月22日

陶板名画の庭

みなさん、こんにちは!NAF広報委員、名古屋工業大学2年の森康登です!今年からNAFに参加することになったので、何を話していいかまだ分かっていないことが多いですが、今までのコラムを参考に僕も今年の夏に行ったある施設について話していきたいと思います!!

その施設というのは京都にある陶板名画の庭です。京都といえば清水寺や金閣、八坂神社など世界的にも有名な社寺建築が多くあるイメージが強いですよね。ただ今回紹介する陶板名画の庭は、日本を代表する建築家である安藤忠雄氏が設計してるんです。

http://nagoya-archi-fes.com/column/wp/wp-content/uploads/2016/10/325e64622b4a19a85f8950c72c7d5ddb.jpg

この陶板名画の庭は名画を大きな陶板画にして世界で初めて屋外で鑑賞することができる施設なんです!

安藤忠雄氏の特徴でもあるコンクリート打ち放しの作品が京都でも見られるってなぜか不思議な感じがしました。さきほど書いたように京都といえば寺や神社が有名なためこの陶板名画の庭は、あまり混むこともなく楽しくゆったりと鑑賞することができました!

みなさんも京都を訪れた際は社寺建築だけでなくちょっと足を運んで陶板名画の庭も訪れてみてはいかがでしょうか!