日別アーカイブ: 2016年1月14日

10日間の旅行

こんにちは!
名古屋大学3年の小島悠暉です。会場委員会で当日の会場レイアウトを考えるために、吹上ホールの図面とにらめっこしてます!笑

NAF当日は先輩方の迫力ある模型やシートをぜひご覧ください。NAFの魅力については代表やみんなが説明してくれているので、今回は僕が春に行った旅行の事を話したいと思います。

その旅行なんですが、近畿・四国・中国地方を10日間かけてまわりました!美味しいものを食べたり、みんなでバカやったり、いろんな建築を見てきました。今回はその中からお気に入りのものをいくつか紹介したいと思います。

まずは1つ目、三分一博志さん設計の六甲枝垂れです。行った方もいるかもしれませんが神戸の六甲山の上にあります。いやー、よかったです。造形的な美しさもありますが、風や水を体感できるとでも言えばいいのでしょうか。うまく表現できなくて申し訳ないですが、行って体感してみてください!笑
僕は三分一さん建築がとても好きです。気になった人はぜひ調べて行ってくださいね。

2つ目は丹下健三さん設計の香川県庁舎です。これは僕が今まで見た中で最もかっこいいと思う建物の1つです。さすが世界の丹下さんですね。水平のラインがとても印象的で写真とかで見るよりも、実際に見た方が数倍かっこいいです。同じ丹下さん設計の東京カテドラルや広島ピースセンタも行ったことがありますが、美しいです。

最後は島根県にある内藤廣さん設計の島根芸術文化センター(通称グラントワ)です。ここは美術館と劇場の複合施設となっています。グラントワはこの地域で有名な瓦が全面的に使われており、見る位置や時間帯によって色など見え方が変わってきます。中心の水盤ではとても落ち着いた空間となっていて、しばらくぼーっとたたずんでいました。劇場ですが、これがかっこいい。美しい。行った時は施設の人に中まで案内してもらえることができ、とても勉強になりました。

今回紹介させてもらったのは旅行で見た一部ですが、読んでくださっている皆さんに興味をもってもらえたら幸いです。皆さんも春休みを春休みを利用していろんなとこへ行ってみてくださいね。
旅行もいいですけど、春休みには中部卒業設計展があるのでみなさんよろしくお願いします。

次はこの10日間の旅行を共にした片岡くんです!