カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今日の建築家⑤

【今日の建築家】

坂 茂


東京都出身
高校時代に建築雑誌で見たアメリカの建築家ジョン・ヘイダックやヘイダックが教えるニューヨークのクーパー・ユニオン(大学)に憧れを抱く。その後19歳で渡米し、南カリフォルニア建築大学へ入学後、クーパー・ユニオンへ編入。在学中に磯崎 新アトリエに1年だけ在籍した後、クーパー・ユニオンへ戻り建築学部を卒業。

アメリカで学んだ彼の建築は、紙管やコンテナなどを利用した建築や災害活動で知られている。

「富士山世界遺産センター」
木格子の外壁を持つ「逆さ富士」形の建物が全面の水盤に映り込むと、富士山の姿が現れる。内部は1〜5階まで緩やかな螺旋スロープになっており、登りながら展示を鑑賞することで疑似登山体験ができる。

「紙の協会」
ニュージーランド・クライストチャーチにある大聖堂が2011年の地震により半壊してしまった為、仮説として建てられた大聖堂。大小様々な筒状の紙で主要部分が作られている。屋根部分をはじめ、祭壇や十字架も全て筒状の紙で作られている。

「ポンピドーセンターメス」
パリの近代美術館。坂 茂とフランス人建築家ジャン・ドゥ・ガスティーヌの共同設計により建てられたポンピドーセンターの分館。中国の竹製帽子をモチーフにデザインした、うねった白い屋根が特徴。
メッシュ状の屋根構造は、コンピューターにより複雑な構造解析によって設計されている。

今日の建築家④

[今日の建築家]

丹下 健三 (たんげ けんぞう)

大阪府出身
東京帝国大学  工学部  建築学科を卒業。

ル・コルビュジェに傾倒し、
その教え子である前川 國男の建築事務所に入ります。

 

日本では、「世界のタンゲ」と言われたように、
日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、
認知された1人。

第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、
多くの国家プロジェクトを手がけています。
磯崎  新、黒川  紀章、槇  文彦、谷口  吉生などの
世界的建築家を育成しました。

 

[香川県庁舎]

1958年に丹下健三が設計した建物で、初期の代表作の1つ。
高層棟と低層棟からなる建物です。
高層棟では、伝統的な木造建築の構造を
コンクリートの柱と梁で表現しています。

 

[東京カテドラル聖マリア大聖堂]

8枚のシェル構造の外壁によって成り立っているのが特徴です。

上空に伸びる8枚のシェルは、頂上部で十字架を
形づくっている現代的な現代的な構造技術を用いています。

また、内部はコンクリート打ちっ放しに
トップライトの光で、迫力のある空間となっています。

 

[広島平和記念資料館]

コンクリート打ちっ放しのピロティが特徴の建物です。
慰霊碑や広場、原爆ドームと共に意図的に
一直線上に並べられており、ピロティから
慰霊碑や原爆ドームが見えます。

今日の建築家③

【今日の建築家】

平田晃久

先日名工大で講演された平田晃弘さん。
生態系につながるような建築の概念を”からまりしろ”という言葉で捉えてます。子持ち昆布を例にすると、海藻が魚卵の・海底が海藻の、”からまりしろ”となり階層構造をなしています。
また、多様な人々が集う場所として”ひだ”をキーワードとしてあげており、生態系では平面が折り曲げられた”ひだ”が多いほど多様な生物が住まうように、”ひだ”を拡大して建築にしています。

大阪府出身
京都大学・大学院を卒業され、伊東豊雄建築設計事務所勤務後に独立。現在は出身校の京都大学教授です。平田晃久設計のカプセルホテルの1つが大阪にあり、大型看板を活用した建築となっています。

 

「Tree-ness House」
東京にある住宅・ギャラリーからなる複合ビル。
樹木の幹・枝・葉のように、ボックス・ひだ状の窓・植栽を階層的に組み合わせることで、樹木が空中に現れる領域をつくり内外の境界を曖昧にした建築です。人のためのやどりしろとも言えます。

 

「太田市美術館・図書館」
この建築は、5個の鉄筋コンクリート構造の箱と、その周りを回るスロープによってできています。箱の上にはたっぷりと土を入れ、緑を植えます。その結果全体としては建物と緑、人工と自然が混ざり合う丘のような風景が生まれます。

今日の建築家②

[今日の建築家]

ルイス・バラガン (Luis Barragan)

メキシコ、ハリスコ州出身。
独学で建築を学び、彼は設計図を書かず、
イメージでスケッチを書き、
それをアシスタントが図面化して建てたと言われています。

 

「サテライトタワー」

メキシコシティのランドマークにもなっているサテライトタワーは、
1957年に作られた作品です。
5本の塔で構成された不規則な塔は、見る位置や角度によって塔数が違うように見えたり、面や鋭角に見えます。
車で塔の周りを走り抜けることを想定して計算されているため、
塔の方が動いているような錯覚にさせます。

 

「ルイス・バラガン邸」

2004年に世界遺産に登録され、
彼自身の終の住処ともなった自宅です。
メキシコ伝統の閉じた住宅や、独特の色使いを愛しました。
彼はメキシコで生きる縁も大切にしており、
写真は建築家の安藤忠雄が「光の教会」で
インスパイアを受けたとも言われる自宅の空間です。

 

「ヒラルディ邸」

ルイス・バラガン最後の作品です。
この建築は「ルイス・バラガンの最高傑作」という人も多く、
世界遺産にも登録されています。

簡素で幾何学的なモダニズム建築の中に、
水・太陽の光・ピンク・黄色・紫・赤などの鮮やかな色彩を
建築に大胆に取り入れており、鮮やかな壁や空間が特徴的です。

中庭にはジャカランダの木があります。

バラガンは、このジャカランダの木に惚れ込み、ヒラルディ邸の設計を受けたと言われています。
この木が無かったら、傑作と言われるヒラルディ邸は存在しなかったかもしれません。

今日の建築家①

【今日の建築家】
隈研吾

神奈川県横浜市出身
隈研吾さんは、木材を使って”和”を感じさせる建築が特徴のひとつです。

「根津美術館」
エントランスを潜るとまず、竹林を思わせる軒下の小道が現れます。本館には、和風日本家屋を思わせる大屋根がかけられ、随所に”和”を感じさせる工夫がなされています。

「WE Hotel Toya」
洞爺湖のほとりにあった老人ホームを、隈研吾氏がスタイリッシュなホテルに生まれ変わらせました。ホテル内のレストランは、プリーツ加工が施された布によって、洞窟のような不思議な空間が創り出されています。

【おまけ】
「新風館」
再開発により、2020年に生まれ変わった新風館。訪れた際には、建築物を形成している素材・庭・アートにぜひ注目してください。

「COCON KARASUMA」
テラスには木のパネルの重なりで作られたWOOD-CLOUD、斜めに重なる木で作られた階段、雲を浮かべたような照明など、随所に木の動きを感じられる施設です。

ありがとう

こんにちは!代表の北川です。

いよいよ中部卒業設計展まであと1日!
楽しさ、ワクワク、焦り、ちょっと寂しさ、いろんな感情の中、ラストスパートです。
みなさんは今どんな感情ですか?

今日、話したいことが2つあります。
一つ目は、「自ら成長しよう」ということです。子供の成長が育つ環境によるように、大学生になっても環境によってどう成長するか左右されます。例えば、どんなバイトをするか、どんな授業を取るか、どんな友達と付き合うか、どんなサークルや団体に入るか。そして、大学生になった今、その環境は自分で選ぶことができます。というか、選ぶべきです。どんな自分になりたいのか考え、そのために環境を選び、自分で成長しましょう。
ぜひ、NAFを通してなりたい自分になってほしいです!
二つ目は、「人生楽しもう!」ということです。自分で決めた自分の人生の歩き方、行く先をネガティブに捉える必要はありません!どんな失敗をしても、どんなに苦労しても、どんなに落ち込むことがあっても、絶対にいつかそれが人生の糧になります。いつまでもネガティブにならず、まだまだ続く人生に向けて、前を向いて新たな一歩目を踏み出すことが、人生を楽しむコツです!どんな時も、明るいはずの未来に、全力の笑顔を向けてやりましょう!

来年NAFやろうか迷ってる人、コアメンバーやりたいけど自信がない人、迷う必要はありません!迷ったらGO!失敗しても絶対に大丈夫。未来は明るいはず!

現状を維持しようという考えは、その時点で衰退と同じです。向上心と、それを実行に移す心の強さを持ちましょう!笑

言いたいことが多すぎてまとまりませんが、続きは最後の総打ち上げでみんな話そう!笑

NAF2020はもうすぐ終わるけど、この約1年間の経験や仲間は、絶対にみんなの未来の糧になるはずです!って、めっちゃクサイけど本気で思ってます。

みんなに支えられて、NAF2020の代表を任せてもらえたこと、本当に感謝でいっぱいです。心の底からありがとう。

 

副代表と代表の違い

設計展当日までなんとあと2日になりました!!
お久しぶりです。副代表、審査委員会委員長の今岡です。
コラムは2回目の登場になります。前回のコラムを読んでない人は10/29の記事を探してください。

コロナウイルスが流行し、SDLやデザレなど多くの設計展が中止をする中でNAFは審査縮小で開催を決めました。副代表としてNAF開催は英断だと思っています。2回目のコラムはそんな副代表としての思いを書こうかと思います。

皆さんは副代表と代表の違いはわかりますか。“副代表は代表がいないときの代わり“みたいな事を思っていませんか。副代表とはその団体の一番核になる部分なんです。ちなみに、代表はその団体の顔です。この違いはめちゃくちゃ重要で、一人で全てを賄うのは大変です。

副代表はやらなければならない事を理解して、仕事を振って、確認をする。全体像を見て、少し先の未来を考えて行動する能力が必要です。代表は顔がよく、少しやんちゃでメンバーや外の人とうまく交流する。コミュニケーション能力といざという時にしっかりすることが重要です。この違いを理解していると凄くいい団体になると思っています。

そんな事を考えながら約1年前、NAFの代表・副代表を決める会議で北川が代表になり、自分が副代表になりました。今思ってもすごくいい選択でした。あと、数日で終わりますが、代表やコアメンバーに感謝したいです。
“ありがとう!”
最後まで頑張ろうや!!!

明後日から二日間、展示と審査をしております。マスクをして見に来てください。
こんな状況ですが、来場をお待ちしております。

明日のコラムは代表、北川です。最後に何を話すのか気になりますね。

 

私らしさ

中部卒業設計展まであと2日!

こんにちは。2度目のコラム登場のデザイン委員長、竹内です。

NAFの活動と同時に、私は就職活動真っ只中です。
就活では、自己分析する機会がたくさんあります。
そこで私が就活を行っているときに気づかされた“私らしい設計”について書こうと思います。

ここから私自身の話になるのですが、私はたぶん語彙力がないです。(笑)
だからか、課題やコンペで他の人の作品をみていて聞きなれない言葉を使っていると、内容が頭に入ってきません。コンセプト文で見終わってしまうこともしばしば。
データや統計を基に設計したものを『理論型』というと、私が行っている設計は『感覚型』。いわゆる自分が今まで感じてきた感情だったり経験を基に設計を行っています。ですがこれは言ったら‘恣意的’です。他の人も自分と同じように感じる保障なんてありません。理論づいている方が人は納得しやすいのかもしれません。

人の本能や感情というものは形がありません。でもそこを考えて考えて形に、建築にした先には、多くの人々の共感を生み、過ごしやすい空間が生まれているのでないかと思います。すぐ色々な情報が手に入ってしまう現代だからこそ、“人間の本能”“人間らしい感情”を私は大事にしていきたいです。

以上、私の話をただただ聞いてもらった形になってしまいましたが、
私がみなさんに少しでも伝えたいのは、「自分らしさを見失うな」ということです。他の人と違うことは、大きな武器です。課題でも、これからの人生のことでも、なにか悩んでいる人は、一度自分を見つめ直してみてはどうでしょうか。おすすめです。
それではみなさん、最後まで読んでいただきありがとうございました。

次は副代表の今岡です!乞うご期待!

 

継続を習慣化プロジェクト

みなさんこんにちは。2度目のコラム登場です。会場委員長の髙井梨那です。

卒業設計展まで残すところ数日となった今、NAF内では会議やリハーサルが行われておりますが、私は大学の海外研修に参加しております。
そんな海外(今イタリア)にいる私からは、全く海外とは関係のないお話
前回は「QOL(Quality of Life)向上キャンペーン」についてお話しましたが、準じて「継続を習慣化プロジェクト」を紹介しようと思います。

常々「継続は力なり」というのはよく言ったもので、その通りだと感じています。
何事にも当てはまります。
学業やスポーツもそうですが、生活習慣もそうです。
例えば、早寝早起きを続けることができれば、睡眠不足は改善され精神的に安定します。
ダイエットとして毎日運動することができれば、理想の身体に近づくことができます。
でも…続かないんですよね。
特に後者なんて、女性の方は共感できるのではないのでしょうか(笑)
わたしなんかは特に自分に甘いので、続きません。
継続が苦手な三日坊主です。

そこで、なんとかして継続できるような自己制度を作ろう、そう考えてできたのが「継続を習慣化プロジェクト」です。
まず、カレンダーでもなんでもいいので、毎日のチェックリストできるものを用意します。
そして1番上にきっと空白がありますから、そこに目標を書きましょう。
まずは簡単なことから、気持ち次第ですぐできることを。
そうしてできた日にはチェックを入れます。
毎日それを意識して1ヶ月経った時、チェックの入った日数を数えましょう。
できた日数×500円、それが今月のご褒美予算です。
そう、簡単に言うとご褒美制度です(笑)

しかしこれのいいところ、毎日は頑張らなくてもいいんですね。
たまにだって、できない日があってもよくて、先月より今月の方がチェックが多くなれば、モチベーションは下がりません。
また、チェックすることによって、ちゃんとやった「達成感」があります。
何かを成す上で達成感というのは、モチベーションに繋がります。
ご褒美もありますしね(笑)
こうして毎日意識して行動し、目に見える達成感があればもう、気づいたらそれは「習慣化」しています。
そうすればこのプロジェクトの目指す、継続は習慣化が完成です。

続けたいことが続かない、三日坊主のみなさん、是非お試しあれ。

以上、イタリアからお届けしました!
NAFのみんな、お土産待っててね〜(チョコっとしかないけど)

1、2年生へ

中部卒業設計展まであと5日!
渉外委員長の長妻です。コラムには2回目の登場です。
2回目なので何を書こうか迷ってましたが今回は来年度以降のNAFをつくっていく後輩に向けて書きたいと思います。

今年のNAFは皆さんどうでしたか?

やりがいを感じれた人もいれば、所属はしているけどなんとなく時間が過ぎていっちゃった人もいたり、様々だと思います。

そこで、この1年がなんとなく過ぎてしまった人はもったいないことをしてしまったということに気付いてもらいたいです!

NAFでは学生団体ならではの普段の大学生活では経験できないことが沢山あります。
特に自分は今年渉外委員長、スペースさんとのプロジェクトのリーダーをやらせてもらってとても濃い一年でした。大学で課題をやっていても、企業の方にお金のことで連絡したり、大人と打ち合わせをして自分達で提案したものを実際に作品として制作したりすることなんてないですよね笑

結局のところ何が言いたいかと言うと、
NAFにはいろいろなことを経験することができるチャンスがたくさんあって、そのチャンスをもっと活かして欲しいということです。

確かにプロジェクト参加したりするのは時間も割かれるし、多くの苦労もあります。しかし、その壁を乗り越えた後、成果が見えた時は最高を達成感が得られますよ。

経験は失うことのないスキルになると信じてます!

次は会場委員長のりなちゃんです!