大塚洋人 のすべての投稿

価値観が違うからこそ生まれるNAFの魅力

昨日3月13日をもちましてNAGOYA Archi Fes 2016 中部卒業設計展が終わりました。

5月に結成されたNAGOYA Archi Fes 2016。
今年は130人のメンバーで活動してきました。

初めの一歩を踏み出した「1年目」、活動を拡張した「2年目」を経て、3年目となる今年。
今までの活動を振り返り良いものを確立する考え、今まで以上に新しい活動を目指し更に拡張していく考えなど3年目は様々な考えがメンバーの中から出てきました。

その中で選んだのがNAFというものを確立するために今までを振り返り、良いものを選び出し、悪いものを改善することを目指してきました。昨年広げた活動をより近いものにするということでした。

1年間NAFの活動においてそのことを活動方針として考えてきたのですが、中部卒業設計展を終え本当にそれが達成したのかふと考えました。

その結果確かに良いものは継承され確立していくためのものはできたのではないかと考えます。しかし本当に大事なのは確立することではなく、確立するために改善したり、拡張したりするほうが大切なのではないかと思います。

さて、偉そうなことを言ってみましたがこれはあくまで個人の意見です。
そんなことを思ってない人も当然いるはずです。

そんな様々な価値観のメンバーが集まってできるのが団体です。
だからこそ様々な魅力が生まれ良いものができるのだと思います。

さて、まだ3月16日に反省会が残っていますがNAGOYA Archi Fes 2016は昨日で終わりました。
これからはNAGOYA Archi Fes 2017が始まります。

来年のことはまだ分かりませんが、きっと来年のメンバーもNAFをどうしていくか悩むことになるはずです。
2年目より3年目のほうが、3年目より4年目のほうが過去の経験があるためきっと多くの考えが生まれ難しくなるはずです。

それを悲観的に捉えるのではなく、ポジティブに捉えることが大切なのではないでしょうか。

多くの価値観のメンバーが多くの意見を出し、ひとつの団体を作り上げることがNAFをよりうまく作り上げていくのではないでしょうか。まだ凝り固まった伝統のない歴史の浅いNAFだからこそできる魅力ではないかと考えます。

来年からは出展者、来場者という形でNAFというものに関わることになります。だからこそぼくは、ひとつの考えに固執するのではなく多くの価値観を大事にしてやって言ってもらいたいし、先輩として価値観を押し付け、活動を萎縮させるこのないようにしないといけないと思います。

さて、個人的な意見ですがNAGOYA Archi Fes 2016最後の建築コラムにさせていただきます。
それでは次は来年を楽しみにしていてください。

以上広報メディア委員長の大塚洋人でした。

3月9日はサンキューの日!

さて、ついにNAFまであと2日と迫ってきました!
各委員会当日に向けて活動しています!
会場委員会は立体会場レイアウト図
デザイン委員会はNAFの名札キャプションなどを作っています!
ぜひ3/11,12,13はぜひ吹上ホールに足を運んでそれらも見に来てください!!!

ちなみに広報メディア委員長から宣伝しておくと
ハッシュタグは「#NAF_2016」です。
ぜひ当日はこれをつけてつぶやいてください!

話は変わりますが今日は名古屋大学の合格発表の日でした。
多くの高校生が合格発表のために大学に集まっていました!

ふと、自分の合格発表を思い出しました。
その当初は建築に関してただただ興味があるだけでした。
でも3年間勉強しているうちに楽しく好きになりました。

そんな建築を好きな学生が3/11,12,13に吹上ホールに集まります!
少しでも建築に興味のある人はそんな作品を見にきてください!

さて明日は委員長ラストの建築コラムをデザイン委員長の津葉井君がきれいに面白く上手にまとめてくれるはずです!
楽しみですね!!

それではばいばい!!!!!

もしもネットがなかったら

お久しぶりです!広報メディア委員長の大塚洋人です!
二度目の投稿をさせてもらいます。

さて、急ですがみなさん!明日からネットが繋がらなくなり、スマホやインターネットが使えなくなったと考えてみてください。

様々なことが思いつくはずです。友達・家族・恋人と連絡がとれない、SNSができない、2chがみれない、調べ物ができないといったネガティブな問題から、暇な時間ができる、一人の時間ができる、ネットが代替してきたものはまた普及するなどのポジティブなことなどいろいろあります。しかし、今の時代急にパソコンと携帯が使えなくなったらパニック状態になる人のほうがきっと多いはずです!

ぼくもそのうちの一人であることは間違いはありません。明日からSNSがなくなったら、連絡の取れ無い人は数え切れ無いほどいるし、一人暮らししているぼくは家族との連絡は全て電話やメールで済ましているし、暇つぶしに動画を見たり、ネットサーフィンをしたりできなくなります。

こうして考えてみると、すごい怖いことだと思います。
SNSやメールなしで会え、連絡できる人が何人いるのか?
家族との連絡はできるのか?
調べ物はどこですればいいのか?
本当に今の社会はネットに支えられいると改めて実感します。

さて、このことはぼくの委員会にもつながってくるのではないでしょうか。ぼくたち委員会は他の委員会とは異なり、SNSやインターネットに大きく依存しています。広報活動の大半はSNSでの発信が主になっているし、NAFの詳細情報はHPに掲載されていて主にそこから手に入るし、出展登録もそこで行います!

もしネットがなくなっていたらぼくたちの活動はほとんど今の活動とは違うのではないかと考えます。直接いろいろなところに訪問して広報をする機会がもっと増えるし、郵送で出展の受付をしたり、案内をしたり、と今みたいな活動はほとんど不可能です。そう考えると今の広報活動に疑問を考える点もあるし、もっと良い方法があるのではと思います。

現にネットはありそれを使うことで成立している社会の中でそんなことを考えても無意味なのかもしれません。けどネットがない時期にもそのときの良さというものがあるはずです。それをもっと考えながら広報活動を行ったり、普段の生活を送る必要があるのではないかと思うし、そこから新たな考えが生まれてくるのではないかと思います。

ふと委員会の活動をしていて思ったことを書いたらかなり固い文章になってしまった気がするのでまとめは気楽に笑
まあでも簡潔にまとめると「ネット技術が発達した未来も大事だけど、ネット以外のつながりも大事だよ」ってことに気づいたということです笑もっと人や身近なつながりを大切にしていけたらなーと思います。

最後に写真がなくて地味なので、特に関係はないですが名大のES館の屋上から撮った写真を載せたいと思います笑

次回は委員長のぼくよりも頼りになる副委員長の中本くんが書いてくれます!前回はドラム缶風呂のことを書いてくれて、今回もおもしろい記事を書いてくれると期待しています笑

NAGOYA Archi Fes 2016、初投稿!

はじめましてー
NAGOYA Archi Fes 2016広報メディア委員長、名古屋大学3年の大塚洋人です!

今年も昨年に引き続きみなさんに建築学生から建築に対する魅力を語ってもらう
「建築コラム」わやっていこうと思います。

さて、初めてこのブログを見たよーって人はきっと「NAFって何?」「建築コラム????」って状況でしょう!

今回はそんな人のためにNAFや建築コラムをざっくりと説明していこうかなと思います。

まず「NAGOYA Archi Fes 」通称NAF(ナフ)は一昨年発足した中部地区の学生による卒業設計展を運営を行う団体です。
ぼくらは「中部建築界の盛り上げ」、「評価軸の多様化」を目標としてやっています。
中部地区の様々な大学から構成されていて、今年も130人近くのスタッフがいて…………

さて小難しい説明はこのへんにして…
簡単にいうとぼくらは「中部地区の卒業設計展」の運営をしています。
(※詳しく知りたい人はTwitter,Facebook,HP等へ)

去年はこんな感じでした!

さらに、それだけでなく
・連続レクチャー
・フリーペーパー
・WS
をはじめとした活動もやっています!!

そして次に建築コラムの説明です。
建築コラムは去年から始まった活動です。
簡単にいうと建築学生が「建築」をテーマに自由に語るブログです。

建築というものは奥が深く、一人一人それぞれ違う考えをもっています。
人それぞれの考えが反映され、その人の個性が表現されます!

そんな十人十色、多種多様な建築についてみなさんに知ってもらうため
建築について思う存分語ってもらう企画です!

毎週火曜日と土曜日に更新していこうと思います。
そしてブログ形式で気楽に自由に書いていきます!
3月までの半年間ぜひ暖かい目で見守ってください(^ ^)

まだまだNAFや建築について説明しきれていません!
興味をもった人はこれからの建築コラムやTwitter,Facebookをのぞいてね( ´ ▽ ` )ノ

簡潔に書くつもりがつい長くなっちゃいました…
話も文章も一回始めると長くなる委員長から今回はお送りしました!!

それじゃ次回10日(土)をお楽しみに!!
ばいばーい