edit@oishi のすべての投稿

最近の好きな食べ物は

こんにちは。

名古屋工業大学3年生小野圭織です。

実は私は広報委員会ではありません。

開催まで40日をきったと言う事で、

様々な委員会の人たちで建築コラムを

更新していきたいと思います。

これまで以上にいろんな視点でケンチクや

NAFについて、発信があるかもしれません。

ということで、第一弾は審査委員会です!

私は1年生の時から審査委員会で、

2年生で副委員長、

3回目の今年は委員長を務めさせて

いただくことになりました。

毎年ちょっとずつ違う立場から

NAFに参加して、

いろんな気付きや感想があります。

今年、委員長としての中部卒業設計展は

どんなものになるのか、楽しみです。

(ちなみに、今は不安ばかりです。)

そして来年の出展者としてのNAFが、

どのようなものになるのか、もっと楽しみです。

今年のNAFのキャッチコピーは

「告白建築」です。

今までのキャッチコピーと比べて、

言葉の強さというか、

スピード感のようなものが少なく、

代わりに、温かみや親密感を感じます。

(私の感想です。笑)

キャッチコピーに留まらず、

今年の中部卒業設計展で、みなさんに

そんな感想を抱いてもらえたらと思います。

エントリーは 2/14 のバレンタインデー

までです!

周りの4年生にお知らせお願いします!

とても面白くない記事なので、

最後に写真を一枚。

古谷誠章さん設計の、

早稲田大学のカフェテリアです。

特に建物と木の取り合いが印象的でした。

古谷先生の人柄が感じられ、

本番が楽しみになりました。

2017年!新年!

あけましておめでとうございます。広報委員会副委員長の大石理奈です。

2017年の初投稿ですね!

今年もよろしくお願いします。

 

私は毎年お正月に実家で箱根駅伝をのんびり観ています。

ずっと年上のお兄さんたちが走っていたのに、今は同じ大学生の選手が全身全霊で走っているのを見て、自分の老いを感じるとともに、自分も頑張らなきゃな!と勇気をもらえます。

どんな形でも必死に頑張っている姿は心動かされるものがありますね。

私も、2017年、全力で建築頑張りたいと思います!!

 

さて、ついにnaf当日まで2か月ちょっとになりました!

本日、審査員の先生方の発表もありました。

詳しくはNAFのtwitterを見てください!(随時HPにも更新します。)

 

1日目、2日目と、それぞれおもしろそうな審査会になりそうで今からわくわくです~

まだ建築にあまり詳しくない人も、審査員の先生方の建築や、活動など知っておくと、公開審査がより一層楽しめるのでぜひ調べてみてください!

そして、3月14、15、16日はぜひNAFに足を運んでくださいね。

それでは!

卒業設計

こんばんは!
NAF2017広報委員会副委員長の名古屋工業大学2年大石理奈です。
コラムを書くと今年もNAFが近づいてきたなあと実感がわきます
今回は卒業設計の話をしてみようと思います。
みなさんは卒業設計って分かりますか?
NAFの正式名称「中部卒業設計展」にも入っていますね。
このコラムを読んでいるみなさんはなんらかの形で関わっているんじゃないでしょうか。
4年生は1年かけて、構想から模型製作までします。1年間ずっとそれだけということではないですが、大学最後の1年をかけて設計するってすごいことですよね。
取り組んでいる全員がとても悩んで試行錯誤してできた1つの作品なんですね。
私は昨年、NAFや大学内の講評会を通して全員の作品にとても感動したし、自分もこうなれるかなという憧れが生まれました。
NAFの3日間を通して(特に公開審査はドキドキです!)いろんなドラマがあって。今年はどんなドラマがあるのかな〜と密かに楽しみにしております。
↓昨年のNAFの様子です。
img_2443
NAFは出展者のためだけじゃなく、下の代の建築学生のためにもあると私は思っています。
今年もNAFがそういう場になれるように、それを伝えていけるように盛り上げていきたいと思います!
またコラム、twitter、facebookも更新していくので思い出したら覗いてみてくださいね。
よろしくおねがいします。
それでは。

一人旅

今回のコラムを担当します。名古屋工業大学1年の大石理奈です!

 

前回の吉田さんの行きたい所、温泉!!!とても行きたいです!

特に最近は一段と寒いのであたたまりたいですよね。

 

さっそくですが、「私にとっての息抜き」は、一人旅です!!

吉田さんも少し一人旅のことをお話ししていましたね。

一人旅のいいところは気を遣わず自分のペースで自分の好きなように行動できることです。

自分で立てた旅の計画が達成できることにも満足感があるのかもしれませんね。

そこで撮った写真を後日見て1人満足感に浸っています。

私は近代建築を見るのが好きなのと、交通費などの関係で東京や、神奈川に行くことが多かったんですけど今度の一人旅は思い切って遠くに行ってみようかな!とひそかに計画しています・・・

特に美術館を見て回るのが大好きです。美術館って、個性があって自由な設計が多いので、とっても刺激を受けることができるからです。

刺激を受けることで次回の設計にも活かすことができます。

ずっと机に向かっているだけでは新しいものは創れません。

息抜きして違った方向から、また気持ちを切り替えることって建築学生にとって大切なことですよね。

きっと卒業設計に取り組んでいる学生の皆さんもそうやって素晴らしい設計をしているんですね。作品を見るの今からとても楽しみです。

皆さんにも見ていただきたいのでこれからも広報がんばっていきたいと思います!

 

では、次回の原田さんにバトンタッチです。

「感動した建築物」が聞きたいです。よろしくお願いします。