高坂政慶 のすべての投稿

ご報告

お久しぶりです!広報委員会の高坂です。
前にコラムを書いた時からもう2ヶ月経ちました。前のコラムを読んでいただけた方はとっても気になっていることがあると思います!

そうです!僕の研究室がどこになったのかです!!
前回は建築とAIについてお話ししましたが全然違う研究室に入りました!笑
既存の建物を補修する、またそのための材料の開発などを研究する研究室に所属することになりました!
自分の研究によって今ある素晴らしい建築物を少しでも長持ちさせることができたらと考えたらとても魅力的な研究だと感じました。また以前からリフォームには興味があったのでこの研究室に決めました。
実は僕が建築学科に入ったのは高校生の時に自宅のプチリフォームを行い、その時にどのよう作業を進めて行くのか話し合っている姿をみてかっこいいなと思ったからです。
結局最初に建築を選んだ理由の研究ができることになったのでいい選択じゃないかなとおもっています!
皆さんもこれから色々な分岐点があると思いますがその時は初心に戻って自分がなぜこの分岐点にたどり着いたのか考えてみると答えが出てくるかもしれません。

偉そうにながながと言いましたが僕の今回のコラムは前回のご報告ということです笑
それではこれで今回のコラムはおしまいです!最後まで読んでいだだきありがとうございます。

次のコラムは加藤君です。よろしく!!

研究室選び

はじめまして!愛知工業大学3年の高坂政慶です!3年ですがNAFは初めてなのでわからないことも多いですがよろしくお願いします!!

さて、今回のコラムですが今までの人のコラムを見ると建築物の話題が多かったので僕は少し違った話をしようと思います。
僕も3年の後期になり就職について真剣に考えなければならなくなりました。まあ遅すぎますが…笑
建築といっても意匠、施工、構造、設備などなど分野は様々です。
そこで僕の大学では4年生から配属される研究室を、11月1日までに決めなくてはいけないのですが、今ものすごく迷っています。いろいろな研究室を訪問して話をきいているのですが決めきれていません。
しかし、この前訪問した研究室で行われているものに興味を持ちました。それはAIを用いて構造設計を自動化するという研究です。自動車や機械ではAI技術が進んでいるそうで、建築業界ではまだまだこれからだそうです。AI技術が進み、効率的に設計できたらより複雑な構造の建物も作ることができるかもしれません。そう考えると面白い研究ですよね!

このほかにもいくつか面白い研究があるのでどの研究室に入るか本当に悩んでいるんですが将来やりたいことも考えつつ、色々な人に相談しつつ、最終的に後悔しない選択ができたらと思っています!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
次回のコラムは加藤くんです!よろしく