あなたの考える建築とは?

どうも!信州大学2年の増間優介です。
最近、漢字の読み間違いから「ゾーマ」と呼ばれ始めた「まっすー」です!

世間は、選挙で盛り上がってますね。本日12月14日は投票日です。
みなさん投票しましたか?
ぜひ日本の未来のために、あなたの未来のために投票してくださいね!

選挙は、自分自身の未来を考える良い機会ではないでしょうか。

私は今回の選挙を機に自分自身の未来を考えてみました。特に夢や目標ですね。
夢については自分の中で再確認という形でしたが、小さい頃に思い描いたアツいものを再び感じ、今をもっと頑張りたい気持ちになっています。
私の夢と建築は切っても切れない関係にあります。
私にとって、建築とは特別なものです。

建築、ケンチク、けんちく、kenchiku...
あなたの考える建築とは何でしょうか?

こちらの画像をご覧ください。
NAF 私達の考える「建築とは?」

この画像は、9/27-28に開催された建築文化週間にNAFが『私達の考える「建築とは?」』という議題で参加したときのものです。

改めて伺います。
あなたの考える建築とは何でしょうか?

他人の意見を目の当たりにした時、何かを感じたのではないでしょうか。

2015年3月に行われる中部卒業設計展でも様々な主張を目の当たりにすると思います。
この卒業設計展に参加して、何かを感じてみませんか?
あなたの考える「建築」が変わるかもしれません。

2015年3月、あなたのご来場をお待ちしております。