今日の建築家⑤

【今日の建築家】

坂 茂


東京都出身
高校時代に建築雑誌で見たアメリカの建築家ジョン・ヘイダックやヘイダックが教えるニューヨークのクーパー・ユニオン(大学)に憧れを抱く。その後19歳で渡米し、南カリフォルニア建築大学へ入学後、クーパー・ユニオンへ編入。在学中に磯崎 新アトリエに1年だけ在籍した後、クーパー・ユニオンへ戻り建築学部を卒業。

アメリカで学んだ彼の建築は、紙管やコンテナなどを利用した建築や災害活動で知られている。

「富士山世界遺産センター」
木格子の外壁を持つ「逆さ富士」形の建物が全面の水盤に映り込むと、富士山の姿が現れる。内部は1〜5階まで緩やかな螺旋スロープになっており、登りながら展示を鑑賞することで疑似登山体験ができる。

「紙の協会」
ニュージーランド・クライストチャーチにある大聖堂が2011年の地震により半壊してしまった為、仮説として建てられた大聖堂。大小様々な筒状の紙で主要部分が作られている。屋根部分をはじめ、祭壇や十字架も全て筒状の紙で作られている。

「ポンピドーセンターメス」
パリの近代美術館。坂 茂とフランス人建築家ジャン・ドゥ・ガスティーヌの共同設計により建てられたポンピドーセンターの分館。中国の竹製帽子をモチーフにデザインした、うねった白い屋根が特徴。
メッシュ状の屋根構造は、コンピューターにより複雑な構造解析によって設計されている。