今日の建築家④

[今日の建築家]

丹下 健三 (たんげ けんぞう)

大阪府出身
東京帝国大学  工学部  建築学科を卒業。

ル・コルビュジェに傾倒し、
その教え子である前川 國男の建築事務所に入ります。

 

日本では、「世界のタンゲ」と言われたように、
日本人建築家として最も早く日本国外でも活躍し、
認知された1人。

第二次世界大戦復興後から高度経済成長期にかけて、
多くの国家プロジェクトを手がけています。
磯崎  新、黒川  紀章、槇  文彦、谷口  吉生などの
世界的建築家を育成しました。

 

[香川県庁舎]

1958年に丹下健三が設計した建物で、初期の代表作の1つ。
高層棟と低層棟からなる建物です。
高層棟では、伝統的な木造建築の構造を
コンクリートの柱と梁で表現しています。

 

[東京カテドラル聖マリア大聖堂]

8枚のシェル構造の外壁によって成り立っているのが特徴です。

上空に伸びる8枚のシェルは、頂上部で十字架を
形づくっている現代的な現代的な構造技術を用いています。

また、内部はコンクリート打ちっ放しに
トップライトの光で、迫力のある空間となっています。

 

[広島平和記念資料館]

コンクリート打ちっ放しのピロティが特徴の建物です。
慰霊碑や広場、原爆ドームと共に意図的に
一直線上に並べられており、ピロティから
慰霊碑や原爆ドームが見えます。