考えるより行動する

はじめまして!名古屋工業大学3年、会場コアの東 明里です。

今までのコアメンバーが良いこと書きすぎて、何を書いていいかすごく悩みましたが、建築について思っていることについてお話しします。

私は1年生の建築の勉強を始めたばかりの頃、祖母に五十嵐淳さんっていう建築家知ってる?と言われ、その時何も知らなかった私は五十嵐さんについて調べ、すごく有名な建築家だということを知りました。そして、祖母の家に行ったときに五十嵐さんの事務所に行きました。事務所では、その頃やっていたプロジェクトを紹介してもらったり、インターンの外国人と話したり、五十嵐さんとお話しました。
今となっては、オープンデスクでもない1年生を事務所にいれてくれるんだなぁと不思議な感じがします(笑)ほとんど何も知らない状態だったので、もう少し勉強してから行けばもっと深い話ができたのかな、と後悔もありますが、これを機にさらに建築について興味を持ったし、勉強しようという気持ちにもなりました。
3年生になって今までたくさんの設計課題をやってきて、課題のたびに建築や建築家について調べて、毎回知識が深まっていきます。建築を勉強して、いろいろなことを身に付けると、建築の見方も、好きな建築も、考え方もだんだんと変わっていきます。そのときいいなぁと思った建築を見に行ったり、建築家に会ったりそのときいいな、と思ったことに目を向けて行動すると、また建築に対する見方が変わると思います。私はあまりできていませんが、たまには考えるより行動してみてもいいかもしれません。(笑)

長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございます!

次は、会場コアの清水將喜くんです!