お腹いっぱいの幸せ

はじめまして。名古屋工業大学3年、会場委員会副委員長の田島雅隆です。

最近突然ポケモンがやりたくなって、最新の剣盾ではなく懐かしのダイパを買いに行ったのですが、本体とソフト合わせて7,000円以下ということに、小さい頃はもっと高かったのに!と、中古とはいえ時代の流れを感じましたね。
皆さんはちゃんとご飯を食べていますか?
僕はある事情でバイトで月最低20万は稼ぐことを目標にしているんですが、そんな生活をしているとやはり1日1食が普通になってしまいます。しかも自炊はしないので全て外食という…。そんな不健康極まりない僕の生活スタイルですが、日々を生きていくためには、その”ご飯を食べる”ということがとても大切なのだと感じています。

最近では食べること以外に楽しみが無くなってきてしまって、毎出勤後、すき家によって牛丼を食べています。キムチ牛丼とチーズ牛丼の並盛を1つずつ頼み、口いっぱいにかきこむ、そんな時間が僕にとってはたまらなく幸せなのです。今日は頑張った!疲れた!って日にはそこにビールも追加しちゃったりして。いいもんが食べたい!って日には松屋によってプレミアムネギ玉牛丼大盛りとお新香のセットにしちゃったりして。そしてそこにビールも付けたら、もう完璧。もう考えただけで幸せ。この至福のひとときがあるからこそ、また明日も頑張っていこうと思えるわけです。

話が逸れてしまいましたね笑。

普通に過ごしているとご飯なんて何でもいい、何なら食べなくていいや、なんて思ってしまいがちですが、「腹が減っては戦ができぬ」ということわざの通り、これから頑張るときにも食事は必要ですし、また、人間どんなに悲しいことや辛いことがあったとしても、生きていれば必ず腹は減るのです。そしてそんなときに食べるご飯はとても美味しくて、食べ終わってお腹いっぱいになってみると、さっきまでどんよりしていた心が少し晴れて不思議と活力が湧いてくるものです。ご飯を食べることには栄養とかそんなものの他に、心を健やかに毎日を生きるため、そんな意味合いがある気がしています。

…少しお腹がすいてきましたね笑。
皆さんもぜひ今日のご飯は自分の大好きなものをお腹いっぱい食べてみてください。きっとまた明日から元気いっぱいで過ごせるはずですよ。