どちらが楽しいか

はじめまして。中部大学2年、渉外委員会副委員長の辻ちゃん(辻昂河)です。最近はとても寒くなってきましたね。スノーボードが唯一の趣味である僕は寒ければ寒いほど、よく行くスキー場の積雪量が気になり、スマホでチェックしながら、シーズンインを心待ちにしています。
このままスノーボードについて語りたいところですが、このような場では相応しくないと思うので、別の話をしたいと思います。

誰もが考えることだと思いますが、最近自分の進路や将来について考えることが多くなってきました。この前、学科の掲示板に来年度のゼミのお知らせが貼られているのを見て、どこのゼミにしようか悩める期間もあと数ヶ月しかないのだなと再認識しました。ゼミや研究室選びは将来の進路や就職先に直接影響してくる重要な選択だと思っています。自分に向いているかつ興味のある分野があれば迷うことはないと思いますが、自分にはありません。自分に向いている分野に行くべきなのか、自分が興味のある分野に行くべきなのか、将来需要が多いであろう分野に行くべきなのか…。普段眠そうな顔でぼけーっとしてる僕ですが、極稀にこのような真面目なことを考えていることもあります。考えすぎても夜はさすがに眠れます。

そんなときにたまたま読み返した漫画にこんな言葉がありました。

「どちらが楽しいか」で決めなさい(宇宙兄弟5巻39話)

あと残り数ヶ月間、大学でしっかり勉強しながら、世の中の流れや需要に目を向け、NAFでは大学で経験出来ないような建築との関わりを持って、多角的に建築について考えて自分の進む分野を絞りたいと思います。そして最終的な判断として「どちらが楽しいか」で決めたいと思います!

皆さんも何かに迷ったら「どちらが楽しいか」で決めるという判断基準があってもいいのではないでしょうか!

次回は渉外委員会コアの横田太志さんです!