NAF2017 最後の投稿

NAGOYA Archi Fes2017中部卒業設計展もすべての日程を終え、今年度 活動してきたNAFも残り反省会だけとなりました。

4年目をむかえたNAF。
様々な反省を受け継ぎ、昨年の『確立』するという活動から、
確立されたものを中部地域に落とし込むことを目指して活動してきました。

自分は、
NAF2年目の年から3年間スタッフとして、活動を見てきましたが、

ふりかえってみると、
各年ごとに違う色をみせ、活動を続けていること感じています。

そこが、学生団体であるからこその魅力だと思っています。

毎年、スタッフのさまざまな色が見え、
その年その年ごとの個性が反映される団体のスタッフとして、活動していけたことがとてもうれしく、中部地域の他大学の人と一緒に何かを運営できることが楽しかったです。

来年度も、スタッフの個性が反映され
NAFから、中部建築界の活性化がよりわかりやすいものとなるようにと思っています。

初めて、コラムが更新された年からスタッフとして活動してきて
この投稿で、9つ目になりました。

過去のコラムを読み返してみると恥ずかしくなると同時に、3年の長さを感じます。

過去の委員長からの最後の投稿は、どれも格好よく
文章を書くのが苦手な自分にとっては、大きなプレッシャーでした。笑

格好いいことは書けませんでしたが、
最後に

NAFに関わってくださった皆様、
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

これからも
NAGOYA Archi Fes をよろしくお願いします。

——————————————————
NAGOYA Archi Fes 2017 中部卒業設計展
広報委員長 中本豊