震災の日

こんにちは。
渉外委員会の副委員長をやらせてもらってます、名古屋工業大学2年の関戸です。

さて、今日は3月11日、東日本代震災の日です。
建築と自然災害は切っても切れない関係にあると思います。

普段僕たちは建築の意匠的なところに目をむけがちですが、人の生活を守るシェルターとしての役割もとても大事な建築の要素の一つです。

建築を学ぶものとして、構造についての見識を深めることは、本当に大事なことだということを、こういうときには再認識させられます。

正直、座学の授業は退屈に思うこともあって、なんだか面倒だなと思ってしまうこともありますが、人の生活の拠点でありそれを守る役割である建築を作ることを志すものとして、しっかりと真剣に学んでいく必要があると考えています。

さて、そんな色んな勉強をしっかり積んできた先輩方の集大成の卒業製作を展示する卒製展まで、あとわずかとなりました!
それを主催する側として、出展者のみなさんも、見に来てくれたみなさんも満足できるような設計展にしたいなと思います!!

次はついに最後、
広報委員長のゆたかくんです~