卒業設計が終わりました!

こんにちは!
会場委員会で名古屋大学3年の片岡裕貴です。
建築コラム、2回目の登場です!

2月も終盤に入り、今年のNAFの出展者の方々の
作品もどんどん仕上がっているのではないでしょうか。

自分たちの大学もついさっき卒業設計の講評会が終了しました!
おつかれさまっす!!
自分の作品ではないのに完成した作品を見ると、感動しますね!
ここ数日ずっとほぼ徹夜つづきの作業だったので、今、ひじょーーーに眠いですzzz

建築学生にとって毎年恒例の卒業設計のお手伝いというイベント。
卒業設計を行う4年生はもちろん、お手伝いさせてもらう後輩たちにとっても大変なイベントですよね!

何日も徹夜が続きしんどいのですが、ボクはこのイベントが嫌いではありません。
今まで関係のなかった新しい先輩や後輩と一緒に作業することで、その後の生活にいろいろと良い影響があるからです。
去年のお手伝いからの1年間を振り返ってみると、そこで培った人脈により新しいイベントに誘われたり、助けてもらったり、全く建築に関係なく楽しく遊びに行ったりといろいろプラスになることがありました!
それに、いつもお世話になっている先輩に恩返しする良い機会でもありますしね!今年も普段お世話になっている先輩に、非力ながら全力でお手伝いさせてもらったつもりです!

来年、ついに卒制を迎える自分ですが、今までお手伝いさせてもらった先輩たちのように、手伝ってくれる後輩たちといいチームを作り、良い作品を作りたいなと感じました!

とりあえず今から打ち上げ行ってきます!
やっぱり、卒制のお手伝いのいちばんいいところはタダで美味しいごはんを食べれることですよね、笑

最後に、今日の名大の講評会の様子です!

では!