建築を学ぶ学生の

 

おはようございます。

今回の担当は審査委員会の名参謀こと東工専3年の小玉泰雅です…

ごめんなさい。参謀と言っていただけることは何もしていないですww

審査委員会はとても頼りになる委員長と恐れ多い大御所様と英語がとても上手な癒し系な女の子を中心にアグレッシブに働く委員達で活動しているため、僕もおなじように彼らの指示をもとに働いているだけなのです。

顔を合わせることの多い委員会なだけに、あまり変な気を使わず会議をしています。

 

と紹介はさておき、せっかくコラムを書かさしていただけるのであまり他の人がしないような話をしたいと思います。

まず東工専と言われて正式な学校名が当てられる人はどれぐらいいるのでしょう…

最初のNAFで自己紹介をした時も?が多く飛んでいたと思います。

僕の学校名は東海工業専門学校と言います。

そう、僕が通っている学校は大学ではなくて専門学校なのです。ここでは二級建築士の取得をメインとしていて、そのため一1,2年生の時に基礎となる構造や法規について学び、3年生で二級建築士の試験を受けるのです。

まずなぜ二級建築士の受験資格があるのかは、二年間で受験資格がおりるように学校がカリキュラムを組んでくれ、3年生に上がる前に一度専門学校を卒業する形をとるからなのです!!

なので正式な学部まで言うと、東海工業専門学校金山校ライセンス本科1年生です。

自分でも1年生ということに違和感もあるのと、必ず突っ込みが入るため普段は3年生と言っています。決してめんどくさがっているわけではないです…会話をスムーズに進めるための省略だと思い許してください…

というわけで同じ学年の人より一足先に二級建築士を受けてきました。

3年生に上がると同時にすべての授業がこの対策に切り替わり、三か月間学科の勉強をしました。学科試験まで一か月を切ると計20回以上は模試をしました!!

学科が受かってからは実技試験まで毎日手書きで図面を一式書き続けました。最初は一式書くのに6時間ぐらいかかっていたのですが、努力の結果3時間を切ることが出来るようになりました。そのぐらい書きます。人生で初めてペンダコというものが出来た時は少し感動しました!!

本番の日はすごく緊張してペンを持つ手が震え、手汗が止まりませんでした。試験の必需品はタオルと自分を信じる心ですね!!!

無事僕は二級建築士の試験は合格をいただいたのですが、やはり試験は全員が合格できる訳ではないです。学科の試験のようにはっきりとした答えが出る訳ではないため、自分は運が良かったと思っています。

 

と僕自身の学校生活をもとに専門学校を紹介させていただいたのですが最近考えていることがあります。

それは僕たちが資格勉強をしていた時間、大学生はもっと建築的な空間のあり方であったり、建築そのもののあり方などを考え、学校の課題やコンペに取り組んでいたと聞き、設計力の差などを感じ、その差を埋めるにはどうするべきかをものすごく悩んでいます。

ただ建築は見て感じ学ぶことが大切だと思うので、先輩方が学んできたことの集大成である卒業設計を身近で見て聴けるNAFを1個人としてもすごく楽しみにしています!

またスタッフとして必ず成功するように精一杯活動していきますので、沢山のことを多くの人と感じていければなと思います!!!

いい感じに宣伝にも繋げれたかなと思いますので〆させていただきます!!

ありがこうございました!!!!!!

 

次のコラムは鋭い感性、ツッコミ、顎を持っている片岡くんです。

よろしくおねがいしまっす!!!!!!!!