月別アーカイブ: 2018年2月

3年間やってみて

こんにちは。会場班の名城大学 3年 伊藤遼太です。僕は、1年生からNAFに入って3年間活動してきました。

今回、コラムを書くにあたり、『自分が なぜ3年間NAFを続けてきたか』という事を、改めて考えてみました。

それはやはり、NAFでの活動を通じ、自分の大学以外の先輩後輩たちとも、一つの目標に向かって、考え行動していくことが楽しくてしょうがなかったことだと思いました。

僕は、NAFを通じて、これまでに200人以上の人たちと出逢い、ともに過ごすことができました。これは、僕にとっての宝物です!

今年度は、これからのNAFをどうしていこうか考える会議を多くやってきました。

間も無く任期を終えようとしている、今の僕にできることは、3月の設計展を先輩として、カッコよく締めることです。

そしてこれからも、後輩たちがNAFを通して、たくさんの良い出逢いに恵まれることを願っています。

卒業設計

こんにちは!
審査委員会委員長 名城大学3年の川越まりです。

昨年度に引き続き、今年度も委員会コラムリレーがやってきてました!設計展が近づいてきたことをぐっと実感しています、、、

昨日、私が通う名城大学では、卒業設計審査会が行われました。
他の人の作品を見ることは、やっぱりワクワクしますね!
自分にはない考え方、技術、想いを持ち、設計に挑む先輩方の姿はとってもかっこよかったです!
また、先生方の白熱した議論はとても勉強になりました。

他大学の作品と建築家による審査が行われるNAFがより楽しみになりました!

さて、卒業設計展まであと三週間!
運営側としては、緊張感が高まってきましたが、、、
先輩方の集大成である卒業設計の舞台を素敵なものにできるよう精一杯頑張ります!

企画委員会について

こんにちは!
企画委員会 委員長 名古屋工業大学3年 加東です!

企画委員会といわれてもNAFをご存知の方でも
あまり聞き覚えがないかもしれません、、

実は、この企画委員会は今年から発足した
新しい委員会です!

今年度でNAFも五年度目ということもありまして、
中部地区の建築学生の学生団体として新しいことを
始めようと発足した委員会です。
新しいことというのは、卒業設計展以外にももっと
学生間の交流や、イベントのことです!
レクチャーや即日設計、みなと空き家プロジェクト
のことです。
先週、コラムを書いてくれた石原くんと2年生二人の
小規模な委員会で、随時みんなの力を借りて色々な
企画を仕掛けていきました!
初年度の委員会ということもあり、今年の反省や見返す
点、僕自身の至らなかった点もたくさんありましたが、
少しでも、みなさんの耳にNAFという名が広まって
いれば成功だったのかなと今は、考えています。

長々とかきましたが、卒業設計展本番まで1ヶ月を
切りました。
出展者の皆さんは、体に気をつけてあとすこし
制作頑張ってください!

レクチャーについて

こんにちは名古屋工業大学 3年 石原です。

今年度、僕はNAFのレクチャー担当として活動してきました。

今回はその立場で感じたレクチャーのよいところを書いていきたいと思います。

まず、レクチャーとは広義な意味で言えば講義や授業のことを言いますがここでは建築関係の講演のことをレクチャーとして話をします。

早速本題に入ってレクチャーに参加してよいところを2点話します。

まず1点目はレクチャーは講演者の考えや経験を直接聞くことができ、自分が持っていないものを知ることができる場であるということです。講演者はレクチャーでは自分が思っていることや考えていることの話をするため作品を見ただけではわからない作品の意図などを知ることができます。さらに、受動的に読むしか無い本などとは違い質問することで自分の気になったことを能動的に取り入れることができます。自分がまったく思いもしなかった答えが返ってくることもあり知識や知見が深まるため思ったことは必ず質問するといいと思います!

2点目はレクチャー自体と同じくらい、もしかしたらもっと価値のあるものでかもしれない懇親会です。

懇親会は有名な建築家の先生と直接話すことのできる数少ない機会です。自分の考えやレクチャーの時間では話しきれなかった話やあまり大勢の前では言えないような話を聞くことができます。また、レクチャーの懇親会には自分と同じような立場の人が来ているためそこで新たな出会いとなりその人たちの考えを聞いて自分の考えが磨かれたり、そこで建築の輪が広がったりするため周りにいる人にどんどん話かけていくことをおすすめします!

今回は2点しか書きませんでしたがもっとレクチャーには良いところがあります!

レクチャーなどの情報はツイッターやフェイスブックなどのSNSで紹介してくれるアカウントがあるのでそういったアカウントをフォローしておくことをおすすめします!

今年度のNAFはレクチャーなど中部建築界の活性化を目指して活動してきましたが来年度もさまざまなイベントを開催していこうと計画中なのでぜひぜひ参加してください!

イベントはNAFに入っていない人も大歓迎です!

旅行

こんにちは。
名工大3年、会場委員会演出班班長の林です。

今年もめっきり寒くなってきましたねぇ。
こんな時期は外に出たくなくなるものですが、こんな時期だからこそ出かけてみると案外よかったりするものですよ。

僕は先日、箱根に旅行してきました。
名古屋でも降雪があったくらいなのでめちゃくちゃ寒かったですが箱根は晴れており、冬の澄んだ空と箱根の自然のマッチした絶景や、雪や氷をまとった建物もなかなか味のあるものでした。

景色も建築も、写真や動画よりも実際に見たほうが何倍も良いものに感じると思うし、その感覚は絶対いい経験になると思います。

2月3月は就活があって忙しかったり、風邪が流行ったりしてきますが、合間の時間をうまく見つけて出かけてみると面白い発見があるかもしれませんよ?是非、試してみてください。

立春

こんにちは!
会場委員会 名古屋工業大学3年 渡辺です。

2月に入り先輩方の卒業制作もいよいよ始まりました!
みなさんの出展お待ちしております!

まだまだ寒い日が続きますが、暦の上ではもう春ですね。

春は出会いと別れの時期です。人見知りの僕にとっては辛い季節です。。もうすぐ花粉症もひどくなるんだろうな、、、泣

みなさんは春が好きですか?

話は変わりますが、

先日、学校でポートフォリオの製作課題が始まりました。
久しぶりに昔の設計を見ましたが、最近の作品と比べるとすっごく恥ずかしい出来でした、、。
まだまだ未熟ですが、少しずつ表現の技術は上がっていたんだと感じることができました。

みなさんも過去を振り返ってみると、意外な成長を感じられるかもしれませんよ!笑

ポートフォリオ講座

こんにちは!
審査委員会 金城学院大学 3年 山本です。

NAF設計展まであと1ヶ月少し、日々準備に励んでいます。

審査委員会では昨年から今年の1月にかけて審査員の先生方との打ち合わせへ行きました。

打ち合わせの時は、設計展の打ち合わせのことだけではなく

先生のご厚意で
工事中の建築物の中を見学させていただいたり、先生の作品を巡って解説して頂いたり、

他にも沢山のお話を聞くことができ、NAFの審査委員会だからこそ、の貴重な経験をさせて頂いていると感じています。

今年の審査テーマは〔 対話 〕ですが

どの先生方も学生想いで、対話を大切にされている本当に素敵な先生方です!

話は変わり、

先月の末にvivivit社さんとNAFのコラボのポートフォリオ講座に参加しました。

講座ではデザインの用語からIn Designの使い方など魅せ方を学びました。

Adobeのソフトを入れたものの、フォトショップとイラストレーターしか使ってきませんでしたが、せっかくなので色々使ってみたいです。笑

作品選びから、紙のサイズ、レイアウト、、フォント、、、

こだわりだすとキリが無くて
中々完成しませんが、楽しみながら作業してます。