月別アーカイブ: 2017年9月

展望台

こんにちは!こんばんは!初めまして!
前回のはじめちゃんに引き続き、広報委員で名工大1年の北川佑亮です!
建築に関する知識も、こういったコラムを書く経験も、足りてないものばかりで、拙い文章になるかと思いますが読んでいただけると大変嬉しいです。

高校時代に比べると長くて長くて、8月後半にはもう十分と思っていた夏休みも、終わってしまうとなると、やはり悲しいです。自分の夏休みが有意義だったのか考えると、 暗い気持ちになりますが、最後の最後にいい経験ができました。

昨日は谷尻誠さんの講演会でした。とても為になるありがたいお話を、冗談を交えつつ楽しく話していただき、本当にあっという間の100分間で、僕を講演会に誘っておいて自分は某坂系アイドルのコンサートに行っていたは◯めちゃんには感謝しています。

谷尻さんは前半に、過去のコンペの話をしてくれました。
全ての作品がとても魅力的で、特に「宮島展望台」と「School of Village/“村”としての学校」は発想の面白さだけでなく、目的をブレさせずユーモアを取り込む技がすごくて、自分のこの受け取り方が正しいのかも分かりませんが、改めて建築に向かう姿勢や方向性について考えたいと思いました。
後半で話していただいた、尾道の倉庫などの実現した建築や、谷尻さんのオフィスは興味深いものばかりでした。特に、東京のオフィスの「社食堂」や「Book & Bed」はいつか東京に行く時には絶対に訪れたいです。
広島の「名前のない部屋」について谷尻さんがおっしゃっていた「どれだけ作らずに、その空間を作るか」という考え方も素敵すぎて、本当に感嘆するばかりでした。

今回本当に谷尻さんの考え方やものの見方に刺激を受けましたが、これをダイレクトに受け取るのではなく、自分自身の建築に関する個性や色を、4年間ないしは6年間を通して探し、作っていけたらいいなと思ってます。
谷尻さんのおっしゃっていたコンプレックスが、自分の中の何かのトリガーとなる日を待ちつつ準備をしたいです。

終始拙い文章で、特に先輩方からしたら何言ってんだガキが、って感じかもしれませんが、最後まで読んでいただけて嬉しいです。ありがとうございました。

あ!後期は「港まち空き家プロジェクト」の方も、精力的に参加していきたいと思ってます!よろしくお願いします!

駆け出し1年生

皆さん、こんにちわ、はじめまして
今年NAFの広報委員会副委員長を務めさせていただいてます、名工大1年の小出孟といいます。1年なので何事にも挑戦してみようってことでアクティブに生きてます。

この夏もアクティブに生きてました。そのうち最もアクティブだったなと思う出来事についてここでは書こうかなって思います。

9月の16~21日の5泊6日で僕は大阪京都香川を1人旅しました。高校時代の友人の家などを転々としながら、スーツケース1つ持っていろいろ巡ってみました。
ラストの2日間は高松駅で名工で共に建築を学んでいる友人と合流して直島、豊島というアートな島に行ってました。
地中美術館と家プロジェクトの南寺と豊島美術館と豊島横尾館とイル・ヴェントとかが個人的には印象的でした。地中美術館と家プロジェクトの南寺と豊島美術館は素晴らしい空間体験が出来ました。光とはなんなのかと考えさせられたり、自然との呼応を図った豊島美術館ではその心地良さに圧倒されていい刺激になりました。(特に豊島美術館行った時は快晴だったのでほんとに心地よくて1時間弱くらいはボーとしてたんじゃないかな。一日中居たかった…笑)
豊島横尾館の滝のインスタレーションと言う作品の空間では鏡をうまく使っていて奥行をすごく感じられて自分がファンタジー映画の主人公になれた気分にもなれて楽しめました。
イル・ヴェントでは迷彩柄(自衛隊の服などのタイプとは違って、遠近法をうまく駆使して距離感を狂わせるタイプ)にまんまとひかかってて、自分の先入観というのがいかに雑魚くて邪魔なものかと思えました。こうあるべきだという考えほど恐い考え方はないのではないのかなって反省しました。 これからは安易に決めつけるのではなく、一旦立ちどまって疑うという思考回路も常備できるようにしたいです。

今回の旅では自分の感覚的な部分にとても刺激的な部分が多くてとても有意義でした。
昔から旅は好きな方ですけど、一人旅は初めてで不安なことも多かったです。しかし周りの人達に支えられてなんとか無事帰ってこれました。こういう時に人の温かみを感じられると思うし思いがけない出会いだったり一面を発見出来るんじゃないのかなと強く思いました。

先日建築新人戦が大阪の梅田スカイビルでありました。最後の審査員の方々の総評のときにある方が、若いうちに旅していろんなもの、いろんな世界を見てこいって仰ってました。
この大きな世界の中では0≒1かもしれませんが、あくまで「≒」なのです。「=」にはなりません。0であるより1、1であるより2というように、地道な階段ではありますが高いとこまで登れるようにこれからもいろんなことに挑戦して、いろんなとこを見てまわっていきたいと思っているピチピチな1年生のコラムでした。

長々と失礼しました。
お次は北ちゃんです♪

ご挨拶

みなさんこんにちは!
NAF2017建築コラムの第2回目は、
広報委員会副委員長の椙山女学園大学2年 下岡真夕が担当させていただきます♪

わたしは今年からNAFに参加させていただきました。
まだ知らないことばかりですが、どうぞよろしくおねがいします!

何を書いていいかわからず、過去のコラムを読んでいたら、面白くてたくさん読んでしまいました(笑)NAFの一部の方は知っていると思いますが、わたしはタイピングがめちゃくちゃ苦手なので、ここまで書くだけでも誤字との戦いです(笑)

わたしは夏休みにしていたことについて書こうと思います!
設計課題を、1年生時に3つ(学校内にKIOSK、光の課題、椙山museum)
2年で3つ(キッチンの設計、単身者のためのワンルームマンション、戸建住宅)
を経験して、自分の設計は、「その中での人の活動」があまりイメージできていないな、と、もやもやしていました。そこで、夏休みは名建築、いい建物をできるだけ多く体験しよう!と思いました。

下岡的感動した建物ランキング(笑) in Tokyo
1位 聖カテドラル教会
2位 表参道ヒルズ
3位 根津美術館

有名どころばっかりですみません(笑)
雑誌や写真で見るのと、実際に行ってみるのとはぜんぜん違いますね!
ここいいよ!ってところがあれば、ぜひ教えてください☆

東京2回、ディズニーランド、滋賀県、三重県、講演会、プチお出かけ…その他もろもろ充実した夏休みでした!おわっちゃったよ~涙

いろいろな場所にいってみて思ったことは、建物もおもしろいけど、
その地に住んでいる人とお話して仲良くなることもおもしろい!ということです!
自分からいろいろなことを質問してみると、地元情報や穴場スポットを教えてくれます!
今までだったらあんまりこんなことできなかったと思います。
NAFに入っていろいろなひとと出会ってかわったかもしれないです(笑)

すごい自分の話をしちゃってすみませんでした(笑)
お付き合いくださりありがとうございました!
以上下岡でした♪

Next is…..はじめくん!

Nagoya Archi Fes 2018

NAF2018の建築コラム、最初の投稿は、
広報委員長の家田です。よろしくおねがいします♩

去年から引き続き、今年もNAFや建築のことなど、それぞれの人が思うように沢山語ってもらって、建築コラムを充実させていきたいと思っております!!

まず、初回なのでNAFについて簡単に説明させていただきます。

「NagoyaArchiFes」通称NAFは、中部地域の学生によって構成されている建築団体です。今年で5年目となります。
NAFは、「中部建築界の活性化」を目標に、卒業設計展の開催などを企画し、学生だけで運営しています。
どうしたら中部の建築界を活性化できるのか、いろいろな企画も検討し、NAFは日々成長中です!!

決起会の様子
↑決起会の様子

わたしは去年は会場委員会で、今年から広報委員で委員長をやらせていただくことになりました。
わからないことも多く、やるべきことをこなしていくことで今は精一杯ですが、頼り甲斐のある副委員長たちもいるので、これから広報の幅を広げていくべく、皆で頑張っていこうと思っております!!

コラムは毎週火曜日と土曜日に更新していくので、是非見にきてください。

Twitterなども更新しているので、そちらもチェックしてみてくださいね♩

それでは、これで終わりにします。次回からもよろしくおねがいします。