月別アーカイブ: 2017年2月

みなさん、こんにちは~!

今日のコラムは、デザイン委員会のダークホース...ありません。(笑)
前回の会議で「ダークホース」という言葉とともに笑いが起きていたのは、
このことだったのか...と思いながら前回のコラムを眺めていました。(笑)

改めまして、NAF2017デザイン委員会の川北翔がお送りします!
ちなみに、名城大学の1年生です。

ということで、冗談でも得意とは言えないタイピングと限られた語彙力で、
デザイン委員長の期待にお応えするため、僕なりに頑張ります!
最後までお付き合いよろしくお願いします。

さて、そろそろ本題に入りましょう。

先日2月24日(金)に名城大学で卒業設計の最終講評会が開催されました。
常勤講師5名と非常勤講師8名の合計13名の審査員が4グループに分かれて巡回し、
学生よるプレゼン2分と質疑応答4分をもとに審査が行われました。
各審査員がそれぞれの作品に投票し、最終的に、最優秀賞1名、優秀賞2名、
アーキテクト賞1名、奨励賞3名、環境賞1名が選出されました。

ここで、話は2月3日(金)にまで遡ります。

僕はこの日から、志望していた研究室の先輩方の卒業制作のお手伝いを
させていただくことになりました。
僕は、以前からその研究室の活動に参加させていただいており、
ほとんどの先輩方にお世話になっていたため、正直なところ、
どなたのお手伝いをさせていただくか、とても迷いました。

そこで、先輩方に貴重な時間をいただき、
設計案の詳細や手法などを伺うことにしました。
時間の関係などもあり、全員のお話を伺うことはできませんでしたが、
先輩方のご厚意によって、最終的に1人に絞ることができました。

僕がその先輩を選ぶ決定的要因となったのは、
「この提案の実現は不可能だと分かっていても、今ここで起きている問題に対して、
『建築』を操作することで、こういうことができるんだよ、ということを言いたかった。」
という、心のこもった言葉と熱い想いでした。
もちろん、先輩方のお話を伺って回るときはメモを取っていたのですが、
この言葉だけは心に刻まれたかのようにメモには残しませんでした。
その他にも、4つのブレないルールを軸とした設計手法や、
既存と提案を繋ぐ的確なプログラムなど、いくつかのプロセスに惹かれました。

こうして始まった僕のお手伝いでしたが、
卒業制作は、僕が覚悟していた以上に大変なものでした。

基本的に、模型の作成を中心に行っていましたが、
自分が設計して書いた図面ではないので、自分の図面での表現方法のとの違いや
高さ方向の関係の把握に少し苦戦しました。
特に、山を敷地とした提案で、コンタ模型がメインだったので、
自然の山の地形と、そこを通る人工の道路との関係や
提案により掘削された部分の表現や加工には苦労しました。

先輩の大切な模型で失敗するわけにはいかないと思い、
少しでも迷ったらすぐに確認し、羞恥心などは捨てていました。
しかし、徐々に理解して慣れてくると、もはや楽しさしかありませんでした。

そして、最終講評会の直前...バタバタしていました。(笑)

不眠不休で完成を目指したものの、最後の1個の詳細模型が非完全体でした。
同じくお手伝いをしていた3年生の先輩と相談して、
一度は完成の断念を促されましたが、悔しくて諦め切れず、
残り僅かな時間の中で最低限の状態まで仕上げました。

展示台にその詳細模型が並んだときは、とても興奮しました。
他の詳細模型との完成度の差と、展示台の裏側の作業の痕跡が
直前まで格闘していたことを物語っていました。

そんなこんなで迎えた最終講評会。

無事にプレゼンも終わり、ついに投票のとき...
ただひたすらに祈ることしかできない僕も、変に緊張していました。

会場のスクリーンに表示された一覧表に次々と票が入り、
先輩の票数も順調に増えていきました。

そしてついに...
お手伝いしていた先輩が最優秀賞に選ばれました!!
僕は拳を小さく握り、心の中で喜びました。

すべての受賞者が発表され、最終講評会の終わりが告げられたとき、
真っ先に先輩のもとへと向かいました。

すると、先輩の目には涙が。
初めて見る先輩のその姿に、僕は思わずもらい泣きをしてしまいました。
しかし、同じ研究室の先輩方に祝福されているのを見て、すぐに笑顔を取り戻しました。

1年間ずっとこの提案と向き合ってきた先輩の涙には、
僕の涙とは比べものにならないほどの想いが詰まっていたと思います。

そんな先輩のお手伝いをさせていただけて、本当に良かったです。
僕はこの卒業設計を通して、たくさんのことを学びました。
お手伝いをしていない人はもちろん、他の先輩のお手伝いをしていた人には得られない
何か大きなものを得ることができたのではないかと思います。
そして何より、こんな僕に優しく接していただいた先輩方や、
お手伝いを通してこれからの僕の建築人生の糧となる時間を与えていただいた先輩には、言葉では言い表せないほど、心の底から感謝しています。
本当に、本当に、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

何だかとても長くなってしまい、申し訳ないです。
僕の今の気持ちを言葉にしてみました。
でも、この文に嘘や偽りはありません。

本当はもう1つお話したいことがあったのですが、
これ以上長くなると読む側も大変だと思うので、やめておきます。(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1人で感動した夜

こんばんは〜!

今日のコラムはデザイン委員会の
重田がお送りします!

どんなことを書こうかな〜と悩み、
去年も書かせていただいた自分のコラムを
参考程度に読み返してみました。

なんでしょう、なんだか、
自分が変わってなさすぎて怖いです!!
1年前から何も変わらず
くだらないことばっかり言ってる人生です。

そんな1年前と何も変わらない、
くだらない毎日を過ごしてきた私が
この1年でやってきたことを
ようやく思い出したので書かせてください!

私は昨年度のNAF2016から編集班として
主にブックレットの作成を行ってきました。
たくさんの時間をかけて、
たくさんの人に迷惑をかけて、
ようやくようやくブックレットは完成しました!
初めて完成品を見たときは
我が子のように抱きしめてやりました。

そんなブックレットについて、
先日感動したことがありました。

NAFのホームページで確認したいことがあり、
「中部卒業設計展」と検索したときでした。

 

 

!!!

なんと、NAFのブックレットは
Amazonや楽天でも販売されていたのです!

自分が制作に関わったものがネット上でも販売されているなんて、
こんな経験、そう簡単にできることじゃないよな~と
1人で感動していました。

こんな風に、普通の学生生活を送っているだけでは
なかなか体験できないことが体験できるのも
NAFを運営する側の大きな魅力の1つ。
大学が違うみんなと同じ方向を向いて
必死のがんばっていけるのもあと少しかあ…と
しみじみしています。

こんなふうに私が勝手にしみじみしているうちに
日付が変わってしまいました!!
ごめんなさい!!

逃げるように次の人にバトンタッチします!
お次はデザイン委員会ダークホースのあの人!!
乞うご期待!!

ぬおー。

こんにちは。

みなさんヌオーって知ってますか。

そうです。あのヌオーです。

当時はなんか変な奴だなって思ってたんですが

最近なんか可愛いなって思いました。

色とか顔とか雰囲気とかなんかのぺってしてて。可愛くないですか。

ヌオーのようにのほほんって過ごしたいですね。ぬおー。

さて、本題に入りまして、、

建築コラムリレー。

今回からデザイン委員会が担当いたします。

名古屋工業大学3年の毛利聡です。

なんだかんだありまして、
naf2017のデザイン委員長を務めさせていただくことになりました。

昨年度nafに所属していなかったということもあり、
2月になった今もわからないことが多々あり迷惑かけてばかりです(::)

ですが時間は待ってくれないのでやることやっていきます。

デザイン委員会の紹介ですが、
デザイン委員会ではnafのあらゆるもののデザインを担当しています。

名刺、フライヤー、ポスター、HPから当日のパンフレット、ポロシャツまで
色々なものを作っています。

今年のキャッチコピーが「告白建築」ということもあり、考えるのが大変です。

まだまだやることがたくさんありますが、
一つ一つみんなで作っていこうと思います。

出展者含め4年生はラストスパートの時期です。
頑張る時期です。頑張ります。

あ!出展者の皆さん!作品の入金が24日までなので
忘れないようにお願いします〜!

今考えていること

みなさん、おはこんばんちは!
会場委員会副委員長の名古屋工業大学2年、山口裕太です!

2月も後半に差し掛かり、NAF2017中部卒業設計展までいよいよ1か月を切りました。いかがお過ごしでしょうか?
我が名工大は絶賛卒業設計期間中ですが、僕たち2年生は、まだテスト期間でもあります。テスト勉強と卒業設計のお手伝いに追われる日々です。

そんな中、先日、テストとお手伝いの合間を縫って、1-1Architectsの事務所へ行ってきました。

1-1Architectsは、石川翔一さんと神谷勇机さんの2人で共同主宰されている設計事務所で、NAF2017中部卒業設計展では、1日目に審査員としてお越しくださいます。
昨年の夏に少しお世話になったこともあり、今回は個人的に2年後期の設計課題の成果物を持ちこんで、講評していただきました。
普段の大学での講評会とはまた違った、鋭い指摘や意見をいただきました。大変刺激的で勉強になりました。
それと同時に、NAF2017中部卒業設計展での、1-1Architectsのお二人によるクリティークも楽しみになりました。
2日目の公開審査だけでなく、1日目のプレゼンテーションやポスターセッションにもぜひお越しください!

さて、ここからはNAFからは少し離れて、一人の建築学生として、今考えていることを書こうと思います。
2月の頭に、2年後期の設計課題がすべて終了しました。
まずは、初めて設計課題に取り組んだこの半年間を、振り返ってみようと思います。

第一課題は「21世紀建築美術館」
21世紀の建築を創発する美術館を設計せよという、抽象度が高くプログラムも割と自由な課題でした。
こいつはかなり悩みました。
3週目のエスキスですべて白紙に戻ったり、課題文の問いかけに対して自分なりの答えを出そうと考え込んで全然設計が進まないというような深みにはまってしまったりしました。
今思えば、初めての設計課題であるし、悩みすぎずもっと自分の好きなようにやればいいのにとも思いますが、ひたすら考え悩んだあの時間はとても密度が濃く有意義な時間だったと思います。
最終的には、21世紀の建築に対する問題意識を何とか建築形態に落とし込め、納得して終われたので良かったですが、今振り返れば、まだブラッシュアップの余地があるなと感じています。

第二課題は「地域交流センター」
第一課題とは打って変わって、対象敷地やその周辺地域に目を向け、課題を抽出し、それらの解決を目指すといういわゆる課題解決型のアプローチをとりました。
どういった建築が人々の交流を誘発するのかというテーマに対し、人の行為やアクティビティに注目して、設計を進めたのですが、形態操作をもっと施せば、より行為のきっかけに溢れた空間になったのではないかと反省している作品です。
アクティビティに注目することは、設計の大きなヒントになるので、今後もそういう視点を持っておきたいと思っています。

第三課題は、「大架構構造を用いたスポーツ施設または音楽ホール」
この課題は、3人一組でグループで設計を行いました。第二課題と同様の課題解決型のアプローチに加えて、この課題の主旨でもある、作りたい空間に対応した適切で合理的な架構構造を考えることにも重点を置きました。
初めてのグループでの設計で、同じグループの2人から学ぶことはとても多かったです。3人いれば、三者三様の意見が出るので、一人では気づかないことに気づけ、勉強になる課題でした。
「合理的かつ美しい構造」という観点から建築を見るという、新たな視点で取り組めた課題でした。

このように3つの課題をざっと振り返ってみると、毎度毎度の課題で、その時の自分の抱く興味関心が割とストレートに作品に表れているような気がします。
いろいろな建築家の講演会に足を運び、様々な建築観に触れたことが、その時その時の自分の興味関心を左右したように思います。
3つとも異なる作風になったのも、そういうことが理由だと思います。
しかし、裏を返せば、3つの課題を一貫する信念や意思のようなものは薄いと考えることもできます。
まだまだ、手探りで設計しているように感じます。
これからは、徐々に自分の建築観を確立させて行くことが大事になってくると思います。

僕の大好きな建築家である、安藤忠雄氏の自伝の中に、こんな言葉が出てきます。
「その場所に、その時代にしかできない建築。現実の都市をいかに考えているか、いかなる問題提起をしているか。重要なのは、建築の背後にある意志の強さだ。」(新潮社『建築家 安藤忠雄』より)

僕の作品からは、まだまだ意志の強さが感じられないと思います。
3年生の設計課題や、卒業設計では、建築というものをどう考えているのかが問われてきます。
そのために、まずは、多くの本を読み、様々な建築に触れ、それに対し自分はどういう考えを持つのかが重要だと思います。
本を読んで内容を理解するだとか、建築を見て感動するというだけでなく、それらに対し自分はどういう意見を持つのか。
それらの積み重ねで、徐々に自分の意思がより強く、より明確になり、自分の建築観が確立されていくのではないかと思います。
そういった自分の意見を、周りの同じ建築学生とぶつけ合い、議論しながら、切磋琢磨し合って、これからも設計課題に取り組もうと考えます。

皆さんもぜひ、今年度の設計課題を振り返り、今一度自分の建築観と向き合ってみてください。きっと新たな発見や課題が見えてくると思います。

エントリー締め切り日です!

こんばんは。

会場委員会の
名古屋大学3年の江本大輝です。

名大では4日前に研究室決めがありました。
名大の建築の研究室決めは完全に学生に任されていて、
成績で決めるのか、あみだくじで決めるのか、
という事から全て自分たちで決めました。
いろいろ揉めましたがとっても楽しかったです。
(もちろん皮肉です)

まあそんな事はどうでもよくて、

今日はエントリーの締め切りの日です!!!!!

4年生の人は忘れずに登録お願いします!!
1年から3年の人は先輩への声かけお願いします!!

会場委員会としても建築学生としても、
NAFへの出展とても楽しみにしています。

願掛け

こんばんは。

建築コラム 各委員会リレー、
2つ目の委員会は会場委員会です。

会場委員会 委員長を務めています
金城学院大学3年の外山香帆です。

会場委員会とは、
設計展の展示場のレイアウト、
作品の運送、模型・パネルの設営、
公開審査の映像音声担当、

と、会場づくりに関するあらゆる
仕事を任されている人々の集まりです。
冬から春にかけて活発になるタイプの
人種ですね。本番にめっちゃ働きます!

出展者様からの連絡も受け付けております。
エントリーのメールを受け取るたびに、
だんだんと近づく本番を思って緊張しています。

そんなエントリーの〆切まであと3日です!
運命のバレンタインデーですよ!笑
たくさんのメールが届くようにパソコンの前で
待っていますので、忘れずに登録お願いします。

今週あたりからあちこちの大学で
卒展や展示会が始まっていますね。
他の設計展との連携もして、
スムーズな運営を目指します。

わたしは先日、設計展 デザインレビュー様の会場
福岡県に行く機会がありました。

太宰府天満宮にて、NAFの成功を祈りました。
これできっと大丈夫ですね。最後は神頼み!!

写真はその参道にあるスターバックスコーヒーです。
建築界では有名ですよね!
木材が飛び出していましたが、
大人気でお客さんも飛び出していました。

それでは、
たくさんのエントリーお待ちしております!!

ドキドキ

こんにちは。名城大学2年川越まりです。

2月に入ってから1週間が経ちました。ついこの間、大学に入学したばかりなのに、二ヶ月後には、3年生になろうとしています。はやいものです。

私の大学では、3年生に進級時、研究室配属があります。最近、周りはその話題でもちきりです。新しい環境に期待や不安を抱きながら、ドキドキの毎日を過ごしています。

さて、設計展まで40日をきりました。
私は今年度初めてNAFの一員となり、活動してきました。今まで経験したことがなかった新鮮な環境に奮起しつつ、設計展本番に向けて緊張が高まっています。先輩方の集大成である設計展をすてきなものにできるよう頑張ります。

エントリーは2/14のバレンタインデーまで!
あと1週間です!

最近の好きな食べ物は

こんにちは。

名古屋工業大学3年生小野圭織です。

実は私は広報委員会ではありません。

開催まで40日をきったと言う事で、

様々な委員会の人たちで建築コラムを

更新していきたいと思います。

これまで以上にいろんな視点でケンチクや

NAFについて、発信があるかもしれません。

ということで、第一弾は審査委員会です!

私は1年生の時から審査委員会で、

2年生で副委員長、

3回目の今年は委員長を務めさせて

いただくことになりました。

毎年ちょっとずつ違う立場から

NAFに参加して、

いろんな気付きや感想があります。

今年、委員長としての中部卒業設計展は

どんなものになるのか、楽しみです。

(ちなみに、今は不安ばかりです。)

そして来年の出展者としてのNAFが、

どのようなものになるのか、もっと楽しみです。

今年のNAFのキャッチコピーは

「告白建築」です。

今までのキャッチコピーと比べて、

言葉の強さというか、

スピード感のようなものが少なく、

代わりに、温かみや親密感を感じます。

(私の感想です。笑)

キャッチコピーに留まらず、

今年の中部卒業設計展で、みなさんに

そんな感想を抱いてもらえたらと思います。

エントリーは 2/14 のバレンタインデー

までです!

周りの4年生にお知らせお願いします!

とても面白くない記事なので、

最後に写真を一枚。

古谷誠章さん設計の、

早稲田大学のカフェテリアです。

特に建物と木の取り合いが印象的でした。

古谷先生の人柄が感じられ、

本番が楽しみになりました。