月別アーカイブ: 2016年12月

2016年

おつかれさまです!広報委員会副委員長の竹内です!

気づけばもう12月31日で、大晦日ですね!
月日がたつのも早いもので、あっという間に2016年も終わりですね!
NAFの活動もより活発になって、新年を迎えたらいよいよ卒業設計展に向けて本格化していきます。

2016年のNAFはどうでしたか?

今年のNAFで1番印象に残っているのは、即日設計です。
グループになって24時間で避難所をつくるというものでしたが、とってもいい経験でした!
その場に集まった様々な大学の子達の意見を聞き、その意見をまとめあげたりするのはとても大変でしたが、完成したときは大きな達成感がありました。
普段あまり聞けない子の建築に対する姿勢だったり、意見だったりを知ることができて、いい刺激になりました。

またこの即日設計での最優秀作品の「自由に囲む」が建築文化週間2016で佳作に選ばれたんです!
本当に素晴らしいですよね!
チームEの皆さん最優秀作品のチームEの作品 「自由に囲む」

他にも様々なことがありましたが、やっぱりNAFには他の建築学生や建築家や教授などのつながりがたくさんある素敵なものだと思いました。

2017年もこのつながりを大切にして、NAFをがんばっていきましょう!
3月の本番に向けてすすんでいきましょう!
2016年ありがとうございました!
みなさん良いお年を!

クリスマスも終わり、もう年末

こんにちは!今回の更新は、
2回目になります、広報委員長を務めています中本です。

クリスマスも終わり、すぐに年末を迎えて
さすが師走と言われるように、12月は早く終わってしまいそうです。笑

広報委員会の活動もだんだんと本格化してきました。
今回は、広報委員会が行った活動を少しだけ紹介します!

まずは、Twitterでの活動
全体会の始まりのツイートを当初はしていましたが、
最近では、「カウントダウン」ということで150日前から10日ごとにツイートを行っています。
代表や委員長と撮ったり、イベントの際に一緒に撮影したりと、
Twitterを華やかにしています。

また、12月23日に行われた全体会の午前中には
広報委員会で集まり、フライヤー送付用の封筒を制作しました。
NAFが中部圏としている10県にむけて送るもので
約300枚の封筒を準備しました。
フライヤー完成次第、順次 送付をしていきます!

最後に建築紹介要素をちょっと
8月と12月に広報委員を含めての建築旅行を行っていました。

静岡県三島市にある日本一長い吊橋と言われる「三島スカイウォーク」

岐阜県養老町の「養老天命反転地」と「養老の滝」を見に行きました。

他の委員会も中部圏の建築を知るための旅行などを行っており、
さまざまな建築に触れています。

さて、
設計展の日程も公開され、準備も着々と進めています。
3月14、15、16日は吹上ホールに是非お越しください!

高山 古い町並

今回は岐阜県、高山にある古い町並について紹介したいと思います。
だれか有名な建築家が建築家した訳ではないですが、とても魅力のある所でした!
20161224115403_img_1281
古い町並みの中にも新しい建物もあるんですが、古い町並みを壊すことなく尊重し合っています。

みなさんも時間があれば行ったみてください。

世界一美しいスタバ

どうも、こんにちわ!東工専の酒井です。

今回は富山県のスタバを紹介していきます。

img_3729

公園の中にあるこのスタバは

別名:世界一美しいスタバ と言われています。

ファサードはガラス張りになっておりテラスで湖を眺めながら、ゆっくりすることができます。

img_3727

シンプルな作りでカッコイイです。

img_4099

そして、この夕焼け!

時期によってはイルミネーションなんかもやってるみたいなので是非皆さんも富山に訪れた時は寄ってみてください。

 

富山キラリ

富山県の市街地にある富山キラリに行ってきました。

隈研吾が設計した建物です。

中には図書館やガラスの美術館などがあります。

img_8993

私は有名な建築物をみるときの楽しみの一つがピクトグラムです。

ここのピクトグラムはすごい簡素化しているのにわかりやすく面白かったです。

img_8973

富山キラリをみたら、ぜひともここの元祖富山ブラックを食べていただきたい!

すごいしょっぱいのに癖になる味で大満足です。

img_9010

明治村

こんにちは!中部大学1年の角田恵美です。
私は最近、友達と明治村に行ってきました。その事について書きたいと思います。明治村は愛知県犬山市にある野外博物館で、明治建築を保存・展示しています。その中でも2つ紹介します。


フランク・ロイド・ライトが設計した、有名な帝国ホテルの中央玄関です。中に入ってみると思っていたより天井や柵が低く、とても驚きました。また、ライト設計の家具も見ることができ、とても良かったです。


もう一つは、聖ザビエル天主堂で、白い教会で屋根も特徴的なゴシック様式の建物です。中のステンドグラスがとてもきれいで、気に入ってます。12月のせいか、クリスマスの装飾がされていました。
高校生の時にも明治村には行ったことがあるのですが、その時とはまた違うように感じられてとても面白かったです。明治村にはまだまだたくさんの明治建築があり、見どころがいっぱいです。ぜひ一度訪れてみてください。

多治見・可児建築ツアー

こんにちは!中部大学1年の加藤真奈です。
私は最近、大学で参加募集していた多治見・可児建築ツアーに行ってきました。今回は訪れた中から1つ紹介したいと思います。

多治見修道院です。中は撮影できなかったので外観だけです。
こういうところには入ったことがなかったので講義中の写真で見たときは遠い感じでしたが訪れてみて身近に感じることができました。中には絵がいろんなところにに書かれていていました。

ちょっとした売店があったり、ログハウス風の家も建っていました。
売店ではここで作っているワインも売っているそうです。

ぜひ訪れてみてください。

新しい大分市

私はこの夏、大分市にある大分県立美術館に行ってきました。
この美術館はオーパムと呼ばれ、シンボルマークにもなっています。
オーパムは2015年、日本現代建築の優秀作品に与えられる、JIA日本建築大賞を受賞しています。
"
オーパムの隣にはNHKテレビ局があり、テレビ局と繋がっています。中はこんな感じです。

また2015年4月に大分駅は新しくなり、オーパムをふくめ、周辺エリアはリニューアルを遂げています!!!ぜひ足を運んてみてください!!