月別アーカイブ: 2016年11月

大阪建築旅行!

こんにちは!愛知工業大学2年の中城裕太郎です。
今年からNAFの広報委員として参加させてもらってます。よろしくお願いします!

つい先日行った「大阪建築旅行・安藤忠雄さんめぐり」について書いていきたいと思います。

まず、一番最初に訪れたのは大阪府立狭山池博物館です。
訪れてみて、スケールの大きさに驚きました。
ファサードからもそうなんですか、入口をはいって一番目に入ってくる水庭、博物館内の大空間、本当にすごかったです。

次に訪れたのは大阪府立近つ飛鳥博物館です。
アプローチを抜けると、一面屋上階段の中にズドンとしたボリュームと二つののRC壁で構成された通路が現れます。時間がなく、中に入ることができなかったのですが、一番気に入った写真を撮ることができました。
壁一つで違う空間が構成されるこの感じ本当に好きです。

最後に訪れたのは光の教会です。
圧巻でした。建築が生み出すあの空間を本当に味わってほしいです。自然と背筋が伸びてしまいました。写真では感じることのない体験でした。

やはりその場に行くことが大事だと実感しました。
ぜひみなさんも色々な所に訪れてみてください!

京都・兵庫旅行!

こんにちは!椙山女学園大学2年の小林まみです。今年からNAFの広報委員として参加させてもらってます。よろしくお願いします!

みなさん夏の旅行についてちょくちょく書いているので、私も今年の夏休みに京都と兵庫に旅行に行った際に見た建築物や作品について紹介していきたいと思います!

まず初めに紹介するのは京都にある、京都国立近代美術館です。

この建物は、建築家の槇文彦さんが設計した美術館です。
ガラス張りの箇所が多くて、モダンですっきりしたデザインが特徴的です。外観はシンメトリーになっていてとてもかっこよかったです!

次に紹介するのは、兵庫にある兵庫県立美術館です。

外観は撮り忘れてしまったので、中の写真を載せますね。
この建物は、建築家の安藤忠雄さんの設計です。
やはり、コンクリートの打ちっぱなしといえば安藤さんですよね!
中の構造も不思議な感じがして、とっても楽しめる空間になっていました。
建物を海側から見ると建築の特徴的な部分がより一層わかると思うので、美術館に訪れた際にはぜひ見てみてください!
私は、時間がなくてあまりじっくり見ることが出来なかったので機会があればまた見に行きたいです♪

最後におまけですが・・・兵庫の六甲山にある、三分一博志さんの作品である「六甲枝垂れ」も見に行きました!

雑誌では見たことがあったのですが、実際に見てみるとすごくきれいで繊細な作品でした!
神戸の絶景と一緒に見るとさらに良かったです。

今回紹介したのはごく一部で、まだまだ京都と兵庫にはすごく魅力的な場所がたくさんあります。
皆さんも、旅行で訪れた際にはたくさん回ってみてください!

岐阜建築紹介

こんにちは。椙山女学園大学2年佐藤秀美です。
私は岐阜県民なので今流行りの地元にあるあれこれを紹介したいと思います。

名古屋駅から電車で25分バスに乗り換え5分ほどのところにありますのは伊東豊雄さんの岐阜市立図書館みんなの森メデイアコスモスです。私の家からは若干遠いので普段使いできないのが少し残念ですがもう4回ほど行きました。

img_1279

中は是非実際に行って見て体感して欲しいです。本を読むというよりはお昼寝してしまうような居心地です。これ狙ってやってるんですよね。伊東さんの思惑通り私は寝てしまいましたし寝ているおじさんを1人は見かけると思います。笑
私の一番気に入っているのはサインです。特にトイレのサインはとても可愛いです。あちこちにあるので探してみてください!

次に紹介するのはみんながインスタにあげまくっている藤森照信さんのモザイクタイルミュージアムです。ここびっくりします。普通の住宅街にあって道間違えてるかなって途中で思うような場所にあります。車でないと行きにくのが少し残念です。でも多分電車はあります。

img_7742

これ土なんですけど建築物というよりは壁感が強かったです。初めて見てびっくりしたけどなんだか懐かしくて安心するような。そんな建物でした。
中は女子受け抜群です。モザイクタイル詰め放題もやってます。入場料は300円です!

岐阜には他にも是非見に行ってもらいたいものが沢山あります。山奥で雪が積もっているというイメージが強いかもしれませんが、それは飛騨の方だけなので安心して日帰り建築旅行にでも来てみてください!

桃太郎神社

こんにちは!名古屋造形大学2年の平沢彩乃です。

今年からNAFの広報委員会に参加させていただいてます。私は最近プチ話題になっていた桃太郎神社についてコラムを書きたいと思います。

場所は愛知県犬山市です。

桃太郎神社は拝殿にたどり着くまでに鳥居が3つあり、コンクリート群像作家として知られる浅野祥雲さんによる作品の桃太郎や鬼のたくさんのコンクリート像がお出迎えしてくれます。3つ目の鳥居は全国的にも珍しい桃型の鳥居になっていて、桃太郎神社の鳥居をくぐれば、悪は去る(猿)、病いは去ぬ(犬)、災いは来じ(雉)という『桃』が持っている神秘の言い伝えがあるそうです。


今は紅葉シーズンで神社にたどり着くまでの山道もとても綺麗に色づき始めてるので、ドライブの休憩にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか(^^)

台中国立歌劇院

こんにちわ!名古屋造形大学2年の金子歩未です。

私も今年からNAFに所属したので、自分が見に行ったことがあり印象にも凝っている建築物を紹介したいと思います。

台湾の台中にある伊東豊雄さん設計の台中国立歌劇院です。学校の研修で建設中にお邪魔しました。2016年末オープン予定です。(でもまだオープンしてないみたい…工期が長引いているのですかね…)

img_5020

 

外観は四角い建物が少し変形したような外見なのに対して、内部は床、壁、天井の概念がなく全てが繋がっていて、一部屋一部屋が洞窟のような作りになっていて、とても面白い構造になって不思議な空間でした。

他にも台湾には伊東豊雄さんの建築がたくさんあります、案外近いので良かったら台湾で伊東豊雄建築ツアーをしてみてください!!!

ノートルダム大聖堂

こんにちは!名古屋工業大学1年の前川真優です。

私は今年の夏にカナダに行ってきたので、そこで1番お気に入りのノートルダム大聖堂を紹介したいと思います。

ノートルダム大聖堂は1824年に建設が始まり、1829年に完成した聖堂です。カナダのケベック州モントリオールにあります。

外観はこんな感じです。低い建物から空高く突き出た2本の塔が印象的です。かつて北米最大の礼拝所であって、この石造はとても迫力があります。

外観もすばらしいですが、内装の荘厳さは外観を超えています。青と金のきらびやかな祭壇はとても美しいです。私はその青の美しさにうっとりして、ずっと中にいてしまいそうでした。
他にも宗教的な彫刻やスタンドグラスも精巧で見どころです。
みなさんもぜひノートルダム大聖堂を観にモントリオールを訪れてはいかがでしょうか。

タワーブリッジ

お疲れ様です。名古屋工業大学2年の土井健太郎です。同じく今年から広報委員会に参加させていただいています。というわけで、僕も建築について紹介していきたいと思います。建築といえばビルや家など、人が出入りするところを思い浮かべる方も多いでしょうが、橋という構造物に目を向けたことはあるでしょうか。すこし土木のイメージもありますが、そんな中でも建築的な要素の多い橋をひとつ紹介します。

みなさんご存じ、タワーブリッジです。1894年に完成した、ロンドン市内を流れるテムズ川にかかる橋です。つり橋構造と跳開橋構造を組み合わせたのは当時初の試みだったそうです。現在では電力ですが、当初は蒸気機関で水をパイプに通し跳開部に水圧をかけシーソーの原理で開閉していました。イーストエンド・オブ・ロンドンの商業発展のためにロンドン橋より下流に橋をつくる必要があったのですが、水運の要所であるプール・オブ・ロンドンが建設位置より上流に位置したため入港の障害となるのは避ける必要がありました。そこで建築家ホーレス・ジョーンズ設計のこの可動式の橋がつくられることになりました。

何より目を引くのはこの2本のタワーでしょう。隣のロンドン塔の景観に合わせて、花崗岩とポートランド石が使われています。(ロンドン塔とは、日本ではおそらく教育上の問題であまり知られていない、かなりのホラースポットです。)この石材によるデザインは、景観面への配慮だけではなく、鉄骨の腐食も防いでいます。ところで、中がどうなっているか気になりますよね?実は、上部橋と合わせて歴史博物館になっています。このようにタワーブリッジは、普通の橋の役割に加え、水運、景観への配慮、そしてひとつの観光地としての要素も兼ねそろえているのです。

いかがでしたでしょうか。このコラムがみなさんと建築とのかけ橋になる事を祈っています!

 

興福寺

お疲れ様です。名古屋工業大学2年の高田誠です。今年からNAFの広報委員会に参加させていただいています。僕も今年の夏に訪れた奈良の興福寺について紹介したいと思います。
興福寺は創建1300年の歴史のあるお寺で、東大寺や奈良公園などと並んで奈良観光の定番の一つです。興福寺は藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇ったとされています。興福寺には東金堂や北円堂などがありますが一番目を引いたのはやはり五重塔で高さは50.3mにもなります。

興福寺

奈良市は京都のような街並みで観光スポットも奈良駅周辺にかたまっているので一度にまわりやすくておすすめです。機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか。