月別アーカイブ: 2016年3月

価値観が違うからこそ生まれるNAFの魅力

昨日3月13日をもちましてNAGOYA Archi Fes 2016 中部卒業設計展が終わりました。

5月に結成されたNAGOYA Archi Fes 2016。
今年は130人のメンバーで活動してきました。

初めの一歩を踏み出した「1年目」、活動を拡張した「2年目」を経て、3年目となる今年。
今までの活動を振り返り良いものを確立する考え、今まで以上に新しい活動を目指し更に拡張していく考えなど3年目は様々な考えがメンバーの中から出てきました。

その中で選んだのがNAFというものを確立するために今までを振り返り、良いものを選び出し、悪いものを改善することを目指してきました。昨年広げた活動をより近いものにするということでした。

1年間NAFの活動においてそのことを活動方針として考えてきたのですが、中部卒業設計展を終え本当にそれが達成したのかふと考えました。

その結果確かに良いものは継承され確立していくためのものはできたのではないかと考えます。しかし本当に大事なのは確立することではなく、確立するために改善したり、拡張したりするほうが大切なのではないかと思います。

さて、偉そうなことを言ってみましたがこれはあくまで個人の意見です。
そんなことを思ってない人も当然いるはずです。

そんな様々な価値観のメンバーが集まってできるのが団体です。
だからこそ様々な魅力が生まれ良いものができるのだと思います。

さて、まだ3月16日に反省会が残っていますがNAGOYA Archi Fes 2016は昨日で終わりました。
これからはNAGOYA Archi Fes 2017が始まります。

来年のことはまだ分かりませんが、きっと来年のメンバーもNAFをどうしていくか悩むことになるはずです。
2年目より3年目のほうが、3年目より4年目のほうが過去の経験があるためきっと多くの考えが生まれ難しくなるはずです。

それを悲観的に捉えるのではなく、ポジティブに捉えることが大切なのではないでしょうか。

多くの価値観のメンバーが多くの意見を出し、ひとつの団体を作り上げることがNAFをよりうまく作り上げていくのではないでしょうか。まだ凝り固まった伝統のない歴史の浅いNAFだからこそできる魅力ではないかと考えます。

来年からは出展者、来場者という形でNAFというものに関わることになります。だからこそぼくは、ひとつの考えに固執するのではなく多くの価値観を大事にしてやって言ってもらいたいし、先輩として価値観を押し付け、活動を萎縮させるこのないようにしないといけないと思います。

さて、個人的な意見ですがNAGOYA Archi Fes 2016最後の建築コラムにさせていただきます。
それでは次は来年を楽しみにしていてください。

以上広報メディア委員長の大塚洋人でした。

開会宣言!

おはようございます

代表の山田です。

ついに始まりましたねNAF!
昨日はたくさんの方にご来場いただきました。
難波先生、二川先生、加茂先生、金田先生、光嶋先生、忽那先生、大前先生、三宅先生、加藤先生、出展者の皆さん、来場者数皆さん、長丁場にも関わらず本当にありがとうございました。

僕個人としては3年目のNAFとなりました。
カメラマンとしてリハ中に怒鳴られた1年目、公開審査の日にに大寝坊をして裏で怒られた2年目。。
3年目は何をやらかすのか。。
しっかりやりとげたいですね。

代表って暇なの?なんの仕事があるの?
最近の1番多い質問です。
返答に困っちゃいます。。。笑
ちゃんと仕事はありますよ!
本番に限って答えると、
運営の仕事がスムーズに進んでいるかの全体把握。
緊急事態時の対応。
そして開会宣言、閉会宣言。
これくらいです……
正直な話、他のスタッフに比べると少ないですね。笑
設営、搬入通して4日間フル稼働のスタッフ達には本当に感謝感謝です。

僕も自分の仕事をやり遂げるための1番の山場は今日の開会宣言ですね。
大勢の前はほんとに緊張します。
頭の中真っ白になって沈黙しないように頑張りたいと思います。。。

また今日は公開審査。
公開審査員とファイナリストの熱い議論が見所です。
スタッフの動きとして、カメラマン等の映像の子達、模型を慎重に運ぶ会場の子達、司会の子。
みんな頑張ってます。そちらにも目を向けて見てください。
また、シート賞、模型賞の発表もあります!

ぐだぐだな文で申し訳ないですがここら辺で終わって、開会宣言の練習にうつりまーす。

今日もスタッフ全員、皆さんのご来場をお待ちしております!
審査員の皆様、出展者の皆様は本日もよろしくお願いします!
では、会場で。

3月11日NAF1日目

おはようございます!
副代表の東です。

今日は待ちに待ったNAF2016中部卒業設計展1日目です!
昨日は出展者さんの作品がぞろぞろと集まり、皆さんよりお先に作品を少し見ながら今日から始まる設計展の運営に対して緊張感をもちながらも、どんな議論が繰り広げられるのかとてもわくわくしていました!
さて本日は一次審査である1分間アピール、ポスターセッション、そして企画の学生審査と盛りだくさんの1日目です。
どれも見所がたくさんつまっているのでぜひ吹上ホールに来て建築づくしの1日を過ごしてください!

そして今日は3月11日。東日本大震災からはや5年が経ちました。
当時は私はまだ高校2年生で(若いな)友達と名古屋に買い物に来ていた時に地震が起きたのを覚えています。
もうずいぶん昔のように感じますが、今でも被災地では復興が滞っており自分の住んでいたところに帰ることができない地域があるのを皆さんご存知でしょうか。
私の所属する研究室では被災地の震災前のまちの模型を作成し、実際に被災地の方々と模型をもとにワークショップを行うプロジェクトを行っており、昨年の10月と今年の2月末に福島県に行きワークショップに参加させていただきました。
地元の方々から被災地の現状やまちでの思い出をきかせていただいて、私たち建築に携わっている者は何をするべきなのか、何ができるのかといろいろ考えさせられた、とても貴重な体験でした。
震災の日にこの設計展が開催されることも、建築に向き合うとても重要な機会になるのではないでしょうか。

…と、少し長くなりましたが、伝えたかったのはぜひこの3日間吹上ホールで一緒に建築を満喫しましょう!ということです!
もし何かわからないことがあれば気軽にスタッフに話しかけてくださいねー( ´ ▽ ` )ノ

ポロシャツを着てこんなスタッフバッジをつけています!
    null
また来場していただいた方はパンフレットを買ったりアンケートに答えて頂くと
右の写真のようなオリジナルステッカーやブローチをプレゼントします!
ぜひぜひアンケートに答えてゲットしてくださいね〜(*´ỏ`*)
では明日はあっきーことNAFの代表、山田です!

いよいよ

みなさんこんばんは
デザイン委員会委員長の津葉井です。

今日は3月10日。作品展示の搬入、及びリハーサルでした。

毎年この直前の時期は忙しいですが、本番に向けての準備は気持ちが高ぶります。
3年間NAFを続けてきた僕ですが、今年はこれまでとはまた違う楽しさを感じました。

7,8,9日はNAFの直前準備で、多くの仲間とともに学校で朝から夜まで設計展に関する制作物を作っていました。
1年生の時は言われたものを作り、2年生の時は先輩に指示をもらったり、後輩に指示したりして、
3年生となった今年は多くのデータを作り、みんなに実際に作ってもらいました。
仕事をふるのはなかなか追いつかず大変でしたが、印刷の色や綺麗さにこだわったり、できたものの見え方のよさを重視しました。
みんなの頑張りのおかげでとても良い物ができたと思います。明日からの設計展は、出展作品はもちろん、我々の制作物にも目を向けていただけると幸いです。

今日の自分の動きも今までと違い、去年の本番前日はただ写真を撮り歩いていただけだったのに、今年はいろんな直前のつめの作業をしていました。
おかげで今も吹上ホールで、コラムの更新を行っております。

本番は明日からですが、この場で皆さんにお話できるのは最後になるので3年間を振り返ってみました。
3年間でNAFが大変で辞めたいと思ったことはたくさんありましたが、いろんな人と出会えたり、いろんなことを学べた3年間だったと思います。

この3年間でのことを振り返りつつも、明日を迎え、本番に臨みたいと思います。
それではみなさん、明日3月11日、吹上ホールにてお待ちしております。

3月9日はサンキューの日!

さて、ついにNAFまであと2日と迫ってきました!
各委員会当日に向けて活動しています!
会場委員会は立体会場レイアウト図
デザイン委員会はNAFの名札キャプションなどを作っています!
ぜひ3/11,12,13はぜひ吹上ホールに足を運んでそれらも見に来てください!!!

ちなみに広報メディア委員長から宣伝しておくと
ハッシュタグは「#NAF_2016」です。
ぜひ当日はこれをつけてつぶやいてください!

話は変わりますが今日は名古屋大学の合格発表の日でした。
多くの高校生が合格発表のために大学に集まっていました!

ふと、自分の合格発表を思い出しました。
その当初は建築に関してただただ興味があるだけでした。
でも3年間勉強しているうちに楽しく好きになりました。

そんな建築を好きな学生が3/11,12,13に吹上ホールに集まります!
少しでも建築に興味のある人はそんな作品を見にきてください!

さて明日は委員長ラストの建築コラムをデザイン委員長の津葉井君がきれいに面白く上手にまとめてくれるはずです!
楽しみですね!!

それではばいばい!!!!!

あと2日

いよいよNAF当日までのカウントダウンになってきましたね!

涉外委員会委員長の平林永里加です!

NAF当日が今週となると、ちゃんと当日成功するのかな、なにかやること抜けていないかな、と不安になることも多々ありますが、中部地区の先輩方の作品が集まって展示される事へのワクワク感も大きいです!!

こんな忙しい時期ですが、実は金沢に旅行に行ってきました!

建築旅行のつもりでは全くなくて、ただ観光に行っただけだったのですが、21世紀美術館見に行ったり、金沢城の石垣巡りをしたり、武家屋敷を見に行ったり、、
普通の観光でも、なんでも建築は関わってるなと、改めて感じた旅行となりました(笑)

建築的にはこれはどうなの?とか聞かれたりして(何も答えれないのですが)見るポイントが増えて、大学で学んだことは、割と人生を豊かにしてるなーとしみじみ思います。

image

逆に建築関係じゃない人の方が、施設を利用する人数が多いので、元々いろいろ調べた上で見る自分と、建築関係じゃない友達の率直な感想の違いは、自分の作品を作る上でも大切にしなきゃいけない違いだと思いました。

最後に石垣巡りって何?という人のために、石垣の写真を貼っておきます(笑)
金沢城下の公園の石垣の石が様々な積まれ方をしていて、それをいろいろ見て回りました!
ちなみにこれは「数寄屋積み」という全て綺麗な長方形の石を積んで作られた石垣です。
ここに刻まれている紋様は、この石を持ってきた大名の家紋で、作る時に担当を割り振られて、ちゃんと自分達が持ってきたよという証明に彫られています。

NAF当日まであと2日です。

1人でも多くの方がご来場されることを願っています!
ぜひなふに来場ください!!

次は広報メディア委員長の大塚君です!

あと3日

みなさん、先日ご紹介に預かりました。会場委員長の水口です。
すっちゃんこと鈴木委員長は人のことばかりで自分のこと言ってなかったので彼を紹介しておきますね。
すっちゃんは見た目のわりに声がとても大きいです。一緒にカラオケ行ったときはびっくりしました!
うるさいとかじゃなくすっちゃんの場合は気持ちや主張が素直に届く感じがあって、自分は声がボソボソしてるのでとても憧れます。
そんな彼の今の仕事は当日の審査員の先生方や出展者の動きやそれをサポートするスタッフのお仕事の詳細を決めてくれてます。彼の1年間の努力が報われるといいなぁ。

さて、昨日はNAFと同じ卒業設計展であるせんだいデザインリーグに行ってきました。
一週間後は自分たちの番だと思いながらスタッフの皆様の動きをちらちら見ながら卒業設計を見て回ってました。来年は自分が出展するのかな〜なんて考えながら自分が興味あるテーマ、表現を見てきました。やりたいテーマと同じのあったらどうしようかと思ったけど大丈夫でした笑

せんだいデザインリーグのスタッフの皆様お疲れ様でした。せんだいから送られてくる模型は僕らも大切に扱います。設営日まであと3日、ドキドキしております!!

明日は初代学生司会を務めた平林委員長です〜

いよいよ今週。

どうも、更新が遅くなりごめんなさい。
審査委員会委員長をつとめております、すっちゃんこと鈴木です!

NAF2016が後一週間まで迫っているんだそうです・・・・

はやい!ほんとに早かった。
発足した日がつい最近と感じてたらもうすぐ一年経っちゃうんすね・・・

しっかり準備できたんでしょうか、

成功するんでしょうか、

先輩方のいい門出となる卒業設計展にできるんだろうか、

・・こんな事ばっかり最近は頭を駆け巡ります。

まあどうあがいても後一週間で本番は来てしまうので、今できる事を一つずつやっていこうと思います。

いきなりですがこれまで一緒に頑張ってきた委員長たちの紹介でもしようかなと思います。
自分の委員会の子達は少し人数が多いので笑
でもみんなにはとっても感謝してます。いつもありがとうね。

まずは会場委員会、けーゆー。
焦ってるとこを見た事がない、冷静沈着な彼。
NAFの会場委員長と研究室の激務でまれに死にそうになりながら奮闘してます。
会議も冷静に周りを見て的確な意見をくれる頼れる存在です。
審査委員会は会場と密接に動くのでよくお世話になっております。

次はデザイン委員会のばいつ。
ポスターとかフライヤーとかパンフとかNAFに関わる全てのデザインを仕切るのが彼率いるデザイン委員会です。
デザインも審査はよく一緒にお仕事をするのですが、多少無茶な要望でも引き受けてくれてとっても大助かりです。
招待状とか、封筒とか投票用紙とか仕事増やしまくってごめんね!

次は渉外委員会のばやし。
ばやしと渉外委員会のおかげでNAFは運営できていると言っても過言ではありません・・・
今年も渉外活動お疲れ様!電話対応があんなに難しいものだとは思わなかったです・・・
それを毎年やっててばやしはすごいなぁと素直に思います。
あと先生方へ送る系統のものとか、
俺が抜けているところを絶妙にサポートしてくれてたりと、ほんと助かってます。

広報委員会の大塚。
なんかここで普通に名字が出てきて違和感笑
ツイッターとかSNS等でNAFの宣伝しまくってるのは大塚です笑
でもおかげでかなりNAFは周知されてきているんじゃないでしょうか。
金欠ながら、かなりフットワークの軽い良い奴です。
先日も急遽仙台へと飛んで行きました笑 ほんとすごいなぁ。
また普段の会議の司会として、客観的に見て議題をまとめてくれています。

という委員長たちでやっております。
僕は2年次NAFに入って初めて、外部に建築に対してこんなにも熱意を注ぎ込んでいる人たちがいることを知りました。
やっぱり熱意を持った人たちと一緒に仕事をしていくのは楽しいです。
みんなと一緒に頑張れることが僕の最大のモチベーションなのかもしれません。
この仲間たちがいなかったら今年のNAFは完成しなかったでしょう。・・・まだしていませんが笑

こんなに大きな団体を運営していくには苦労が伴うけど、素晴らしい仲間たちに出会うことができました。
仲間たちと準備してきたこのNAFは必ず楽しくなると信じています。
ぜひ当日足を運んであなた達の目で確かめてください。
そして作品を評価してください。あなたの持つ価値観も大事な評価軸の一つです。
そうして集まった価値観達が今年のNAFを作り上げていきます。

日をまたいでしまいましたが残り6日!!

次は大人の風格を持つダンディ委員長!!けーゆーです!
では3/11,12,13日お待ちしております!すっちゃんでした。

全体リハとちょっとした報告!

こんばんは。会場委員会の小島です。二回目の登場ですね。前回は旅行の話をしましたが、今日はNAFのリハーサルと自分の事になりますが、ちょっとした報告をさせてもらいます!
今日は全体リハが行われ、当日に向けての様々な確認を行いました。
会場委員会はちょっと早めに集合して当日使用する会場の模型を製作しました!
これは当日会場案内図として設置しますので、会場にお越しの際はぜひなさんご覧ください!
作業風景と作った模型です!

リハでは全体の当日のスケジュールの確認をしました。
これで全体の流れや、自分のする仕事が分かったと思ったので、スタッフの皆さんは誰でも出展者の方や来場者の方に対応できるように頑張りましょう。

最後に企画・公開審査のリハーサルを行いました。実際にカメラを使ったりして当日の進行を確認しました。
実際に機械を触ることは少ないので、試行錯誤しながら進行しました。

長丁場でしたが、いよいよ本番って感じですね!スタッフのみんなはお疲れ様でした。

これから本番まではこのコラムは各委員長や代表・副代表が当日に向けてなどNAFの話をすると思うので、ちょっと違う話をしようかなーと思います。

自慢になりますが、副代表の東とやったコンペで最優秀賞取りました!!!!!
初めて入賞しました!
設計展以外にも頑張ってますよというアピールです(笑)
三協アルミさんという企業が主催だったコンペです。よければ見てください。
西沢立衛さんにも講評していただき、これからも頑張っていこうと思えました。自分にとって2015年で一番嬉しかった出来事です。
HPにはコンペシートしか掲載されていないので、今回は同期と後輩とともに頑張って作った模型写真を載せたいと思います。
可愛くできていて完成度も高いですよ!
本当手伝ってくれたみんなには感謝です。



ただの自慢でしたが、NAFのみんなは運営以外にも様々なところで頑張っています。
これからも互いに高め合えるような関係ができるといいですね。
さてこれから当日まで各委員長と代表・副代表がコラムを書いてくれます。
では次は審査委員長のすっちゃんです!よろしく!

NAFとTETSUSON

こんばんは。
今日の建築コラムを担当します、名古屋市立大学3年の河合里奈です。
2度目の投稿です!

前回の投稿では当日のスタッフのポロシャツの色についてお話しました。
そしてそのポロシャツがついに今日届きました!
明後日スタッフのみんなに配るのがどきどきです。

今回は卒業設計展とそれを運営する団体についてお話しします。
私は去年、NAFと同時にTETSUSON(てつそん)という団体のスタッフもしていました。
TETSUSONは卒業制作公募展と呼ばれ、分野や大学、国などあらゆる枠を越えた作品の展示を行います。
NAFが中部地区の建築の卒業設計展なのに対し、TETSUSONは全国から、そして日本だけでなく韓国からも、建築やプロダクト、服飾などの作品を募集する卒業制作展です。
範囲がとても広いですね、、!
もちろんスタッフも全国から集まり、韓国人のスタッフもいます。
月に1度の全国会議では東京や名古屋、静岡、千葉などに集まり、会議の後には観光をしたりもします。
また、普段はSkypeで会議をしたり、関東、中部、関西でそれぞれ広報活動をするなども、全国にスタッフがいるからこそできることですよね。
そしてTETSUSONはスタッフと出展者の方との距離がとても近いです。
出展者とその作品や作品の分野の話をしたり、スタッフと出展者交えてご飯に行ったりもしました。
TETSUSONのおかげで中部以外にも知り合いが増え、建築以外の分野の作品にも刺激を受け、とても視野が広がったと思います。

2月、3月はこのような卒業設計展が全国で開催されます。
私は先日Diploma×KYOTOへ行き、今週末はせんだいデザインリーグにも行く予定です。
他にもデザ女や福岡のデザインレビューなども行われますが、実は今年、NAFは3/11〜13、TETSUSONは3/10〜13と丸かぶりなんです!
そのため私はTETSUSONを見に行けません、、とても残念です、、
みなさんにはぜひ、両方とも見に行ってもらいたいです!
NAFにはNAFの良さ、TETSUSONにはTETSUSONの良さがあります。
それぞれの良さや個性を感じながら、様々な卒業設計展に足を運んでみてはいかがでしょうか(^^)

3月になり、中部卒業設計展まであと10日!
それでは次は会場委員会の頑張り屋さん、こじくんに書いてもらいます!