月別アーカイブ: 2015年10月

息抜き散歩

はじめまして!公報メディア委員会2年の山田佑香です。
先週、愛知県豊田市にある足助町に行ったので、そのときの話をしたいと思います。
DSC_0257

講義が先生の都合で休講になったので1日休みの日がありました。自邸の設計課題が出ているのでそれをやろうと思いましたが、なかなか案が出てこなかったので、息抜きとして前から行きたかった足助町に行くことにしました。この前先生に有松の話を聞いてから、足助の町並みを見に行きたいと思っていたのでよかったです。昔の町並みを見に行ったことはあまりなかったので、足助を歩いてみると落ち着くというか今までに感じたことのない気分になりました。
DSC_0279

この前手に入れたばかりの一眼レフを持って、昔からカメラが大好きな祖父とたくさん写真を撮りました。平日だったので人が少なくて写真を撮るのに最適でしたが、少し寂しい感じもありました。一眼レフを持って出掛けてみたかったのでとても楽しかったです!
DSC_0274

DSC_0345

お昼ご飯には自分ではめったに食べられない鰻をご馳走になって、おやつにはもなかをいただきました。鰻屋さんに地元のおばあさんが並んでいて世間話をしました。
DSC_0410

祖父はよく旅先の知らない人と普通に会話していているので、私も旅先でいろいろな人と会話できるようになりたいと思いました!!あいさつをすることをきっかけに会話が始まっていたのであいさつはとても大切だと感じました。
得るものがたくさんあり充実した時間を過ごせました。
DSC_0380

紅葉の季節なので足助町の町並みを見学し、香嵐渓に行ってみてはどうでしょう!
DSC_0391

貴重なレンガ造建築

はじめまして。
広報メディア委員会二年の杉本古都美です。

私は今年初めてNAFの委員会に参加しました。普段は椙山女学園大学の生活科学部で勉強していますが、このNAFでは同じ建築について学ぶ、様々な学校の学生と交流し、話をしたりする事で、すごく刺激を受けるなぁと感じています。

さて、今回は、私の地元である知多半島の中で私の祖母が暮らす半田市にある半田赤レンガという建物について少しだけ紹介したいと思います。

半田赤レンガは
明治時代に当時を代表する建築家・妻木頼黄がつくったレンガ造りのビール工場の建物です。
レンガ造建築は日本建築史の中で短期間の間でしか建てられていない上、震災や建替で多く壊されている中現存している建物はかなり少なく、この半田赤レンガはとても貴重な存在とされています。
よく友人に半田とはどこだ、何があるのかと思われがちですが、このように貴重な建物のある素晴らしいところです。今年7月に耐震工事が終わり新しくカフェやショップなどもオープンしたので是非一度半田を知らない人にも訪れてほしいなと思います。

ありがとうございました!

初めまして。

こんにちは。

名古屋工業大学建築・デザイン工学科2年 広報メディア委員会の芹川拓人です。

 

昨日、第二回全体会が名工大にて行われました。

委員会の活動報告などが行われ、ワークショップも行われました。

また、レッドブルの差し入れがあり、代表挨拶の際に参加者全員で飲みました。レッドブルは建築学生にとっては欠かせないものですよね。大学生になってから凄くお世話になってます。ちなみに受付でレッドブルを配っていたのは自分です(笑)

ワークショップでは、6名ほどのグループに分かれ、あるテーマに沿って模型を作るというものでした。時間も限られていたので大変でしたが、どの班も個性豊かで完成度の高い模型ばかりでした。同じテーマでも班ごとに全く異なる作品になっていて、とても面白かったです。

 

話は変わりますが、木造住宅っていいですよね(笑)

自分が住んでいた家は、木造なのですが壁紙がほとんど使われていません。そのおかげでいつも木の匂いがあり、すごく落ち着く場所です。設計した父に聞いたところ、大分県から取り寄せた木を使ったそうです。

 

今、学校の設計課題で木造の地域交流センターを設計しています。今までは住宅だけだったので、規模が大きくなり、かなり苦戦しています。ですが、木造ということもあり、凄く楽しいです。設計課題は大変ですが様々なことが身に付きますし、建築学科の醍醐味だと思います。

 

2015年も3か月を切り、これからNAFの活動が本格的になってきます。

昨年度以上に盛り上がる設計展になるよう広報活動を頑張っていきたいと思います。

お久しぶりです!

こんにちは。広報メディア委員の二年 中本です。
昨年度に引き続き今回もこの委員会に所属しています。
そして、広報メディア委員会のもう一人の副委員長になりました。

今回は、昨年度から続けてこの委員会に所属しているのが自分ひとりになってしまったので、昨年度に絡めて今年NAF2016としてこの委員会が変わった2つの事ついての裏話をしたいと思います。

まずは、この委員会の名前です。
昨年度は広報委員会だったのが変わり、今年度は広報メディア委員会に改名しました!
仕事がいままで行っていた広報活動に加え、情報をまとめるといった活動が増え名前が変わりました。
そのため副委員長も広報と情報で2人になりました!

もう一つは、この委員会の人数が増えました。
昨年度の約2倍の人数になり、いままで会議はこぢんまりしていたのがちゃんとした教室をとり会議をするようになり驚きです (笑)

NAF全体も昨年度から反省点を踏まえて改善や挑戦をしていっています。3年目のNAFも更によくなっていき、いろんな人に来てもらえるように広報していきます。
これからもよろしくお願いします。

最後に、自分の前々回のコラムで春休みドラム缶風呂やりたいと書きましたが、しっかりやってきました!

自分も反省もしたところで、
これからも昨年度同様、週二ペースぐらいで更新していきますので楽しみにしていてください!

ちょっとした記事

こんにちは!
今回の更新は、広報メディア委員会副委員長 横山理紗が担当させていただきます!

はじめての更新ということもあり、とても緊張しています。
何を書こうか考えてはみたものの緊張して何を書いていいかわからなくなってしまったため、とりあえず頼れるGoogleで「コラム」という言葉の意味を検索してみました。

《コラム:新聞・雑誌などで、線で囲んだ、ちょっとした記事》

ちょっとした記事・・・ 聞こえはなんだかたいしたことなさそうです
よかった!

それではわたしのちょっとした記事をかかせていただきます。

わたしは、椙山女学園大学生活科学部生活環境デザイン学科に通っています。
「衣食住について科学的に考え、自分の生活環境にかかわっているものすべてのデザインを学ぼう」
そんな勉強をしています(たぶん)
専攻がいくつかある中のわたしは建築インテリアをメインに学んでいます。

1年生の時、つらかった受験勉強から解放され建築学生になったわたしは、
高校までの、問題集をひたすら解く勉強とはちがって建築を学ぶには
旅行して建物見にいくことも、雑誌を読むことも、想像して自分の手で作ることも、人と出会うことも、すべてが勉強になるというのが新鮮でたのしくてしょうがなくて学科の友達たちとあちこち建築を見に行きました。

そのなかでも大好きになった建物があります。
豊田市美術館をご存知でしょうか。
谷口吉生さんの設計の美術館で、名前の通り豊田市にある美術館なのですが、
すべてが計算されたように均一に並んだ壁、どこまでもつながっていきそうなタイルや壁の継ぎ目の線、2階を出たところにある広場にある大きな水盤など、建築を学び始めた私はとにかくすべてがかっこよくて素敵な建物に出会えたと思い、どきどきがとまりませんでした。
だいすきすぎて、2年前期のCADの授業でもこの美術館を選択課題で選びました。

そんな豊田市美術館ですが、1年生で見に行ってすぐに工事にはいってしまい、1年ほど休館していました。
それが、今日!リニューアルオープンなのです!!!!(*’▽’)パチパチ
早くいきたい今すぐ行きたいと、とてもわくわくしております!!!(*’▽’)(*’▽’)

建築学生とはいってもまだまだ駆け出しで知らないことばかりです。
しかし毎日の授業やいろんな活動でどんどん世界が広がっていく感覚を感じています。
もし建築を学んでいなければこんな素敵な建物や建築を学ぶいろんな地方の大学の人に出会わなかっただろうと思います。
これからどんどん新しいことを学んでいくことがすごく楽しみです!
卒業設計で四年間で学んだこと研究したことを納得いく形にできるのか、それをNAFなどの卒業設計展に出した時、四年間考えてきたことをどう評価されるのか、とてもわくわくしています。
(そのためには苦手な構造力学を攻略しなければならないのが一番つらいところです・・・・・(‘_’))

ちょっとした記事なのに長くなってしまいましたが、以上です!
読んでくださってありがとうございます。

それではまた!(‘ω’)ノ

NAGOYA Archi Fes 2016、初投稿!

はじめましてー
NAGOYA Archi Fes 2016広報メディア委員長、名古屋大学3年の大塚洋人です!

今年も昨年に引き続きみなさんに建築学生から建築に対する魅力を語ってもらう
「建築コラム」わやっていこうと思います。

さて、初めてこのブログを見たよーって人はきっと「NAFって何?」「建築コラム????」って状況でしょう!

今回はそんな人のためにNAFや建築コラムをざっくりと説明していこうかなと思います。

まず「NAGOYA Archi Fes 」通称NAF(ナフ)は一昨年発足した中部地区の学生による卒業設計展を運営を行う団体です。
ぼくらは「中部建築界の盛り上げ」、「評価軸の多様化」を目標としてやっています。
中部地区の様々な大学から構成されていて、今年も130人近くのスタッフがいて…………

さて小難しい説明はこのへんにして…
簡単にいうとぼくらは「中部地区の卒業設計展」の運営をしています。
(※詳しく知りたい人はTwitter,Facebook,HP等へ)

去年はこんな感じでした!

さらに、それだけでなく
・連続レクチャー
・フリーペーパー
・WS
をはじめとした活動もやっています!!

そして次に建築コラムの説明です。
建築コラムは去年から始まった活動です。
簡単にいうと建築学生が「建築」をテーマに自由に語るブログです。

建築というものは奥が深く、一人一人それぞれ違う考えをもっています。
人それぞれの考えが反映され、その人の個性が表現されます!

そんな十人十色、多種多様な建築についてみなさんに知ってもらうため
建築について思う存分語ってもらう企画です!

毎週火曜日と土曜日に更新していこうと思います。
そしてブログ形式で気楽に自由に書いていきます!
3月までの半年間ぜひ暖かい目で見守ってください(^ ^)

まだまだNAFや建築について説明しきれていません!
興味をもった人はこれからの建築コラムやTwitter,Facebookをのぞいてね( ´ ▽ ` )ノ

簡潔に書くつもりがつい長くなっちゃいました…
話も文章も一回始めると長くなる委員長から今回はお送りしました!!

それじゃ次回10日(土)をお楽しみに!!
ばいばーい