日別アーカイブ: 2014年11月5日

「今」

みなさん、はじめまして。
NAF広報委員・信州大学建築学科2年の「増間 優介(ますま ゆうすけ)」です。
「まっすー」と呼んでください!!!

私は、広報委員として「信州」を担当しています。

「ん……??? 信州?????」

なんて思った方いませんか??

「信州」って旧国名「信濃」の別名で、
信濃国は現在の長野県とほぼ同じだそうです。
つまりは、長野県ですね!!

信州大学は長野県に5つのキャンパスをもつ大学です。
1年の時は、全学部の学生が松本市のキャンパスに集まり学問に励みますが、
2年以降は、5つのキャンパスに散らばり専門分野への理解を深めます。
ちなみに私は今、長野市のキャンパスで建築を学んでいます!!!

この5つのキャンパスをいかして情報発信をしていきますね!!!
[国宝 松本城(2014年11月2日撮影)]
[国宝 松本城(2014年11月2日撮影)]

さて、タイトルは「今」ということですが、
「今」について自分なりに思うことがあったので少しお話を…。

たとえば、
“あなたは「今」をどのように過ごしていますか???”

なんて突然誰かにきかれた時、あなたはなんて答えるでしょう??

私の場合、すぐにその答えを出せる自信はありません(笑)
「う~ん……」なんて言ってる間に、
きかれた時の「今」なんて、はるか遠い過去になっていることでしょう…

幸せだ!!とか
楽しい!!とか
つらい!!とか
「今」を素直にアウトプットするって、自分にとってはなかなか簡単ではないのかもしれません。

「今」を考えるにあたって重要になるのは、
「過去」と「未来」ではないでしょうか。
「今」って「過去」と「未来」を結んで生まれてくるものだと最近感じました。
あるひとつの「過去」とあるひとつの「未来」を結んで、ようやくひとつの「今」を体感できる。
そんな気がしてきました。

私は、今年の2月から3月にかけて卒業設計展をいくつか訪れました。
近い将来、自分も卒業設計するのかなとか
もっと色んな人の建築を感じたいななんて漠然と未来を描きました。
この「過去」と「未来」があるから、
NAF2015のメンバーとして活動している「今」があるんだと思います。

今、NAF2015は「近未来に問う。」のスローガンを掲げて活動しています。
あなたがかつて経験したある過去を、あなたはどんな未来と結びますか??
そしてあなたは、どんな「今」を生み出しますか??

2015年3月、あなたの未来を待っています。