カテゴリー別アーカイブ: つぶやき

のらりくらりと

みなさん、はじめまして!名古屋工業大学3年の掛布竣也です!審査委員会のコアをやってます!

「ついに僕にもコラムを書く番がまわってきてしまった。どんなことを書こうかなー。まあ、あとでゆっくり考えよう。」などと思っていましたら、すっかりと忘れてしまっていました!実は今提出の期限を過ぎて焦っています。あちゃー笑。(担当の方にご迷惑をおかけして申し訳ないです)

まずは、こんな怠慢な僕のコラムを読んでいただきありがとうございます。「のらりくらりと」なんてタイトルをつけて話させていただきます。

「のらりくらりと」は僕の大切な生きるテーマです。高校生頃、漢文の授業で「上善は水のごとし…」と始まる文に出会いました。確か老子の書いた文で、何物にもとらわれない、やわらかな水のように生きるのが善いといったような文章がつづいていたと思います。高校生の頃の自分はひどくこの文章に感銘をうけて、「水のように何物にもとらわれず、ぽけ〜っと過ごしたいなぁ」なんて考えていました。

そして時間が経って今では「のらりくらりと生きたいなぁ」と考えています。「のらりくらり」には「うまくかわして〜」と「怠慢な〜」という二つの意味があって、この二つとも自分に合っていると思っています。(怠けてたらすっかりコラムのこと忘れてしまいました…)
でも、僕にとってこの言葉にはもう一つ「自由気ままに〜」という意味があって、そういう意味でも僕の大切な生きるテーマなんです。

生きていれば何か嫌なこともありますし、大変なこともあります。何かに執着してしまったり、臆病になったり、怒ったりしてしまうことも有るかと思います。コラムを書き忘れるミスなんてするかもしれないです。でもそんなときこそ、心を平穏に、「何とかなるさ〜」と大らかで楽観的になれたらいいですよね。だから僕は今日も明日ものらりくらりと生きていけたらいいなって思ってます!笑(あんまりできていないけど…)
みなさんものらりくらりと何事にもとらわれず、自由気ままに過ごしてみるのはどうでしょうか!

ということで、長くなってしまいましたが、今回は僕のテーマ「のらりくらりと」でした!最後まで見ていただきありがとうございます!

お次は正村優衣さんです!よろしくお願いします!

ポートフォリオ講座

こんにちは!
審査委員会 金城学院大学 3年 山本です。

NAF設計展まであと1ヶ月少し、日々準備に励んでいます。

審査委員会では昨年から今年の1月にかけて審査員の先生方との打ち合わせへ行きました。

打ち合わせの時は、設計展の打ち合わせのことだけではなく

先生のご厚意で
工事中の建築物の中を見学させていただいたり、先生の作品を巡って解説して頂いたり、

他にも沢山のお話を聞くことができ、NAFの審査委員会だからこそ、の貴重な経験をさせて頂いていると感じています。

今年の審査テーマは〔 対話 〕ですが

どの先生方も学生想いで、対話を大切にされている本当に素敵な先生方です!

話は変わり、

先月の末にvivivit社さんとNAFのコラボのポートフォリオ講座に参加しました。

講座ではデザインの用語からIn Designの使い方など魅せ方を学びました。

Adobeのソフトを入れたものの、フォトショップとイラストレーターしか使ってきませんでしたが、せっかくなので色々使ってみたいです。笑

作品選びから、紙のサイズ、レイアウト、、フォント、、、

こだわりだすとキリが無くて
中々完成しませんが、楽しみながら作業してます。

ヨーロッパ

こんにちは、初めまして!中部大学2年、松島凪です。NAFでは会場委員会副委員長兼運送班長を務めさせていただいております!

私の学校では2年に一度、海外建築研修というものがあります。字のまんま、海外にある建築を見て回る研修です(笑)今年はちょうど、研修の年で私も参加します。2/13から10日間程ヨーロッパの建築を見て回る予定です。ポーランドから始まり、チェコ、スロバキア、ハンガリー、スロヴェニア、クロアチアを巡ります。

私は今まで海外に行ったこともなく飛行機に乗った事もなかったので、今回が初海外&初飛行機になります。なので海外での過ごし方や、準備する物等知らない事ばっかりで最近は慌ただしく準備に追われています。パスポートをとり、クレジットカードを作り、海外保険に入り…海外に行くのって、こんなにも大変なのか…と、思いながらも楽しみでワクワクしております。

今回、研修に行く際に1人1つ訪れる予定の建築物を調べる事になりました。私が担当になった建物は、ポーランドのザコパネという町にありますイエズス聖心教会です。ネットを使ってポルトガル語で調べてから日本語に直して検索したページを読むのですが、かなり大変な作業でした…しかし苦労して調べると実物をより一層見たくなるのが人間ですよね(笑)ますます楽しみが増えました。

この研修に行って人生観や価値観がガラッと変わる、そんな研修にしたいと強く願っています。

留学

寒いですね。
雪がうっすらと地面に積もっている日もあります。
体調管理には気をつけます。

こんにちは。
審査委員会副委員長の名古屋市立大学2年のイケモトです。
ニックネームはメディです。

私からは、イタリア留学中の友人について伝えたいと思います。

私の友人Aちゃんは、同じ大学で建築を勉強していた同級生で、2年生の夏にイタリアに留学にいきました。
私とAちゃんは時々、LINEでやりとりをします。夜更かしが得意な私が深夜3時くらいに連絡すると、夜更かしが苦手なAちゃんにとっては時差によってちょうど良い時刻なのでしょうか、すぐに返信がきます。

つい最近は、Aちゃんと設計課題の課題の話をしていました。
そこで、Aちゃんが通っているイタリアの大学と、私の大学の違いに気付きました。
Aちゃんが言うには、「先生から歴史的観点から突っ込まれる」というのです。
確かに、私の大学でも2年の設計課題で歴史のことを考えて設計する人もいますが、メインではないし、設計に取り入れる人は少ないです。

しかし、敷地分析や人の流れとの関連性、とくに歴史的観点からの考えなどが、名古屋にいる私たちよりもイタリアにいるAちゃんの方が、敏感に考えさせられていると感じました。
Aちゃんは、1年生の後期の設計課題で同じグループで一緒に作品を作った仲間なのですが、設計課題以外の話をしていても、彼女が海外ですごく一生懸命勉強していて、多くのことを吸収し、成長していることが伝わります。
私も負けていられないなあと思いつつ、3年の後期に彼女が帰国するので、直接会っていろんな話をしたいですね。

さて、先輩の卒制のお手伝いが始まりました。
先輩方が一生懸命に作業したり考えていたりするのを見て、すごいなあと思いつつ自分の2年後について時々考えます。

ことしもNAFをよろしくお願いします。

振り返り

みなさんどうもこんにちは〜
広報委員会の長屋です!!
もう今年も終わりますね〜
みなさん良い1年になりましたか⁇
自分は課題、遊び、バイトで埋め尽くされた1年でした!
来年も全力で生きていこうと思います☺︎

そんな僕ですが、、
先週、今週と鬼のような課題に追われていました!
寝る時間を削り課題に没頭しました。。。
無事課題も終わり今はとてつもなく幸せと喜びで満ち溢れています。。
みなさんも課題大変だと思いますが頑張ってくださいね!

ということで、僕は疲れを取るため眠りにつこうと思います。みなさんおやすみなさ〜い

次は川瀬くんです!よろしくね〜☺︎

12月

お久しぶりです、広報委員会1年生の阪野です!

もう12月ですね、、ほんとにはやいです(泣)ついこないだ大学生になった感じがします、、、笑
大きくなればなるほど、1年があっという間です。小学校のときは1年がとても長く感じていたのに、今ではとても短く感じます。

だんだん寒くなってきて、体調を崩しやすい時期です。そして見事に風邪を引いてしまいました。わたし、寒さにとってもよわいんです(笑)大学の課題が大変なこの時期に、風邪を引いてしまうと周りに置いてかれていく気がして、とてもつらいです、、、。そういう経験ありませんか?泣

なので今わたしは頑張りどころです!
ここで大きく成長できるように、ピンチをチャンスに変えて前向きに頑張りたいと思います!

みなさんも体調には十分気をつけてくださいね。1年の締めくくりの12月、一緒に充実させましょう!

わたしのたわいもないお話にお付き合いいただき、ありがとうございました(笑)

次は玄馬さんです〜〜♪

趣味

 

こんにちは、naf広報2年の村瀬です ☺︎

すっかり寒くなってココアやコーンスープが恋しい季節になりましたね〜。(食いしん坊な訳ではないです。笑)

さて、今回は2回目ですが皆さん個人的な事を書かれていたので私も個人的な事を書きます。

 

私は写真を撮ることが趣味で、ふと歩いていた時にここの光が綺麗だなぁとか この花が綺麗、と思うと写真に収めたくなります。

カメラを始めたのは丁度1年半ぐらいなので、趣味と言っていいのかも謎ですが、のめり込んでいます。笑

キッカケは話すと長くなるのでやめますが、今は自分の表現したい世界観を引き出せるようになりたいなぁと思っています。

卒業設計で、写真と絡めて設計してみたいので それまでに腕を上げられるようにたくさん撮って腕を上げたいですね〜。

 

 

ほんと、どうでもいい事をつらつらと書きましたが、読んでくださった方 ありがとうございました !

 

次は今野さんです〜✌︎

 

成長

こんにちはー!
広報1年のきたちゃんこと北川です!
はじめちゃんに引き続き名工1年生です
2回目のコラムと言うことで、1回目のコラムを書いた時の自分と変わったところはないかな〜と探してたら3つありました!

まず1つ目は黒髪を卒業したことです。
このほんの数ヶ月で色んな色になりました。本当に色んな色に。笑
まず三回のブリーチで超薄い金髪に、そのすぐ後に諸事情により黄緑、黄色、オレンジ、水色、ピンクのカラフルボーイになりました。ヤンキーに絡まれなくてほんとよかった笑
今は落ち着いて大学生っぽい髪の毛してます。

2つ目は、学校の近くで下宿を始めたことです。今は自炊に家事と頑張ってます。こんないい環境で学校に通わせてくれている親に感謝して、勉強や課題に取り組みたいと思ってます。

3つ目は、車の免許を取ったことです!
今までより行動範囲が広く、自由になり、いろいろなところに出かけたいと思ってます!先週は全休を利用して豊田市に車で出かけて来ました。妹島和世さんの豊田市生涯学習センターと谷口吉生さんの豊田市美術館、黒川紀章さんの豊田大橋と豊田スタジアムに行ってきました!どれも個性的で面白かったです。特に黒川紀章さんの豊田大橋と豊スタはでかさに圧倒されました。あんな大きな建築、関われたら楽しいだろうな。
来週には犬山に行きます!犬山城と旧帝国ホテル、楽しみです。

次にコラム書くときまでにもっといろいろなことにチャレンジして、たくさん、様々な経験を積んで行きたいです!
最後まで読んでくださった方ありがとうございました!次は村瀬さんです!

僕の尊敬する人

お久しぶりです!最近寝落ちしてリビングで死んでることが多くなった広報副委員長の小出孟です。風邪ひきますのでみなさんも寝落ちには気をつけましょう!

さて今回どんな話しようかなってことなんですけど、僕の尊敬する方についての話をしようかなって思います。
僕の尊敬する人それは僕の祖父です。(祖父と呼ぶのは気持ち悪いんで以降じいちゃんと書きます)

僕のじいちゃんの生涯を数行で紹介します。愛知県の海沿いの旅館の8人兄弟の末っ子として生まれる。→中卒で家出する。→縁を頼ってデンツーに入社する。→退社して自分の会社を立ち上げ社長になる。→退職して老後を楽しく過ごしてる。
そんな感じです。家出したての時はかなり貧乏でそこら辺の話をさせると辛そうだし、中卒ということをかなりコンプレックスに感じているみたいです。だけど僕からすれば、中卒でここまでの生涯おくれるじいちゃんの方が誇らしいです。
じいちゃんはそのコンプレックスのせいか、大卒まで行った人達を見返そうと必死に独学で勉強したそうです。今まで読んだ本の数もかなりの量になりその習慣は今でも続いてます。

僕はそんなじいちゃんと話をするのが楽しくて、よく格言を頂いたりしてます。その壮絶な人生譚を聞くのも好きですし、知識を与えてくれるのも好きですし、旅行好きなことから世界を旅しまくった話を聞くのも好きです。この前なんかヨーロッパの彫刻はアジアの彫刻に比べたら屁でもないとかいう話をして深々と聞き入ってしまいました。笑

御歳76歳になるじいちゃん、週3でテニスをし(かなり強い)、週2で別荘に行き、1年に1回海外旅行をしたりして元気すぎる老後を生きてます。

俺もそんなじいちゃんみたいな生き方がしたいと言ったら、若いうちに出来る努力はして、人との縁は大切にして、たくさん本を読んで、世界を見てこいって…生涯したことをそのまま言われました。笑笑
とにかく毎日を全力で生きようと日々思わせてくれます!
僕のアクティブさはそこが源かな。
これからも一人前の建築家、そして素晴らしい老後を目指して頑張ります!!!笑

長くなりました。
次はきたちゃーんです♪よろしく〜

リノベーションについて

みなさんこんにちは(^^)
再び登場の広報副委員長、下岡真夕です!
最近はすっかり寒くなりましたね。みなさん体調崩していませんか?インフルエンザも出ているようなので、手洗いうがい、しっかりしましょう♪
すっごい個人的なことなんですけど、2日前くらいに髪の毛をバッサリ切りました。首が出るのでとても寒いです笑

さて、今回は、リノベーションのことについて話したいと思います。わたしは、名古屋港で行われているアッセンブリッジ名古屋というイベントの中で、アーキテクトの分野で関わられている米澤建築設計事務所(米澤隆さん)とともに、みなとまち空き家プロジェクトを行なっています。名古屋港にある、3年間空き家だった喫茶店、喫茶千代田を回収し、地域のコミュニケーションの場となること、NAFの拠点を作ることを目標に頑張っています!昔はゴミだらけ、埃まみれでとても居られる空間ではありませんでしたが、掃除をしたり、展示物を作成したりして、だんだん素敵な場所になってきました。みなさんもお時間があれば是非きてみてください♪

昨日、アッセンブリッジの方と米澤さんと学生で話し合いをしました。昔からある建物には、その町の歴史があるし、人々の思い出があります。それってすごい素敵なことだな、と思いました。そんな素敵な空間をどう見せるのか、今の人にもいいなどう思ってもらえるか、は、私たち建築の分野の力にかかっているんだな、とひしひしと感じました。空き家の問題は全国でも言われています。これからは新しいものを立てるよりも、リノベーションやコンバージョンの時代になってくると思います。奥が深いです!もっともっと考えていきたいです!

アッセンブリッジの他の会場でも、素敵なリノベーション、コンバージョン例が見られます。是非行って見てください!

次は、はじめん!