カテゴリー別アーカイブ: あいさつ

課題を行うにあたって‥

こんにちは〜
広報委員会、中部大学2年の川瀬 侑平です。
今年からNAFに参加したけど、全然わからないことばかりですがよろしくお願いします!
語彙力がないのは、配慮してもらえると嬉しいです(*´-`)

僕は、先週課題であった「自分の勉強部屋をリフォームする」という宿題について話そうかなと思います。
実際に自分が住みやすい部屋を作ろうとしてもなかなか思いつかなくて結構悩んだ結果、家具をいろいろ見た方がいいと言われファニチャードームに見にいきました!そしたら同じ家具でも一つ一つ違っていたり見ていてびっくりするようなものがたくさんありました(^O^)/
ファニチャードームだけでなくほかの家具屋にも時間があるときに行って見たいと思いました!構造を考えるときに家具は、必要になってくると思うのでそういったものも見ていて損は、無いのかなと感じました!そして、見るときに大きさなど、どんな機能なのかを考えるのも大切だと思いました!
パースを書いたのですが全然知識が足りなくてなかなかうまく行かず苦労しました…いろいろなものの絵を練習したり、1点透視図法で身近にあるものでもいいので書いていくことが大切だと思いました!そして、1点透視図法だけでなく2点透視図法もできるようにいろいろな角度から建物を見ることをしていきたいです!

僕は、あまり建物を見に行ったりいろんな場所に全然行っていなくて周りの人が行ってるいるのでこれから建築物をたくさん見ていきたいです!

せっかくNAFに参加したのであまり自分からやらないのですが、いろんなことに挑戦していきたいです!
人と話すのが苦手であまり話せないですが話せるようになりたいと思うのでNAFのみなさんよろしくお願いします!

次のコラムは、高坂さんです!
おねがいします(´ω`)

happy birthday to me!

どうもはじめまして〜
中部大学2年の長屋敬大です!
今年からNAFに入ったのでわからないことが多いですが優しく接していただけると嬉しいです!

とは、言いつつも。。。
何を書こうか迷いました!
そこで、よくよく考えたら自分のコラムの更新される日がなんと。。。
自分の誕生日だと気づきました!
これは使えると思いました。なので、誕生日に絡めて今後頑張りたいことを書きます笑

20歳になるということで、もう大人の仲間入りです!自分の将来やってみたいことなど、真剣に考えていかないといけない歳になりました。今、学校で学んでいる建築をさらに極めていきたいし、自分の力をより上げていきたいとも思います!そこで、学校だけでなくNAFの活動にも積極的に参加し、先輩たちから多くの技術や知恵を吸収したいと思います!

今、自分にできることを見つけ、さまざまなことにチャレンジできるような20歳にしたいです!

NAFで、関わるみなさんほんとに仲良くしてくださいね〜

次は川瀬くんです! よろしくね〜☺︎

意気込み

みなさんこんにちは!
広報委員会、愛知工業大学1年生の阪野美悠です。まだまだ駆け出しの1年生です、、
それでも一生懸命頑張っていきたいと思います〜!

今回のコラムではわたしがNAFに入った理由と今のわたしの思いを書きたいと思います。
私事で申し訳ないです(泣)
拙い文章だと思いますが、読んでいただけたら嬉しいです!よろこびます!笑
わたしがNAFに入った理由は、自分の可能性を広げられるチャンスだと思ったのが1番です。わたしはそのチャンスを絶対に逃したくない、逃しちゃいけないと思いました。
大学生は自由になる分、自分から行動しないと空っぽの日々になってしまうんじゃないかなって。

それは嫌だなって思ったんです、、。

だから自分から積極的に行動して、NAFに入ることを決めました!

とはいえ正直なところ、最初はすごく不安でした、、。友だちと一緒ではなく、一人からのスタート。本当にやっていけるか不安でした(泣)

でも、そんな不安はすぐに吹っ飛びました。最初に会った日からたくさんの人が優しくしてくれて、これから一緒に活動できることを嬉しく感じました。
今ではこれからの活動が楽しみでしかありません!「中部卒業設計展」の他に「港まち空き家プロジェクト」というとても魅力的なものもあります。
大好きなメンバーと一緒に活動できることがすごくすごく嬉しいです〜!わたしらしく明るく笑顔でやっていきたいと思います。
1年生ですが少しでも役に立てるように頑張ります!
(p.s 欲張りを言うと、もっともっとみんなと仲良くなりたいです笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます☺︎
次は「玄馬」さんです♪

駆け出し1年生

皆さん、こんにちわ、はじめまして
今年NAFの広報委員会副委員長を務めさせていただいてます、名工大1年の小出孟といいます。1年なので何事にも挑戦してみようってことでアクティブに生きてます。

この夏もアクティブに生きてました。そのうち最もアクティブだったなと思う出来事についてここでは書こうかなって思います。

9月の16~21日の5泊6日で僕は大阪京都香川を1人旅しました。高校時代の友人の家などを転々としながら、スーツケース1つ持っていろいろ巡ってみました。
ラストの2日間は高松駅で名工で共に建築を学んでいる友人と合流して直島、豊島というアートな島に行ってました。
地中美術館と家プロジェクトの南寺と豊島美術館と豊島横尾館とイル・ヴェントとかが個人的には印象的でした。地中美術館と家プロジェクトの南寺と豊島美術館は素晴らしい空間体験が出来ました。光とはなんなのかと考えさせられたり、自然との呼応を図った豊島美術館ではその心地良さに圧倒されていい刺激になりました。(特に豊島美術館行った時は快晴だったのでほんとに心地よくて1時間弱くらいはボーとしてたんじゃないかな。一日中居たかった…笑)
豊島横尾館の滝のインスタレーションと言う作品の空間では鏡をうまく使っていて奥行をすごく感じられて自分がファンタジー映画の主人公になれた気分にもなれて楽しめました。
イル・ヴェントでは迷彩柄(自衛隊の服などのタイプとは違って、遠近法をうまく駆使して距離感を狂わせるタイプ)にまんまとひかかってて、自分の先入観というのがいかに雑魚くて邪魔なものかと思えました。こうあるべきだという考えほど恐い考え方はないのではないのかなって反省しました。 これからは安易に決めつけるのではなく、一旦立ちどまって疑うという思考回路も常備できるようにしたいです。

今回の旅では自分の感覚的な部分にとても刺激的な部分が多くてとても有意義でした。
昔から旅は好きな方ですけど、一人旅は初めてで不安なことも多かったです。しかし周りの人達に支えられてなんとか無事帰ってこれました。こういう時に人の温かみを感じられると思うし思いがけない出会いだったり一面を発見出来るんじゃないのかなと強く思いました。

先日建築新人戦が大阪の梅田スカイビルでありました。最後の審査員の方々の総評のときにある方が、若いうちに旅していろんなもの、いろんな世界を見てこいって仰ってました。
この大きな世界の中では0≒1かもしれませんが、あくまで「≒」なのです。「=」にはなりません。0であるより1、1であるより2というように、地道な階段ではありますが高いとこまで登れるようにこれからもいろんなことに挑戦して、いろんなとこを見てまわっていきたいと思っているピチピチな1年生のコラムでした。

長々と失礼しました。
お次は北ちゃんです♪

ご挨拶

みなさんこんにちは!
NAF2017建築コラムの第2回目は、
広報委員会副委員長の椙山女学園大学2年 下岡真夕が担当させていただきます♪

わたしは今年からNAFに参加させていただきました。
まだ知らないことばかりですが、どうぞよろしくおねがいします!

何を書いていいかわからず、過去のコラムを読んでいたら、面白くてたくさん読んでしまいました(笑)NAFの一部の方は知っていると思いますが、わたしはタイピングがめちゃくちゃ苦手なので、ここまで書くだけでも誤字との戦いです(笑)

わたしは夏休みにしていたことについて書こうと思います!
設計課題を、1年生時に3つ(学校内にKIOSK、光の課題、椙山museum)
2年で3つ(キッチンの設計、単身者のためのワンルームマンション、戸建住宅)
を経験して、自分の設計は、「その中での人の活動」があまりイメージできていないな、と、もやもやしていました。そこで、夏休みは名建築、いい建物をできるだけ多く体験しよう!と思いました。

下岡的感動した建物ランキング(笑) in Tokyo
1位 聖カテドラル教会
2位 表参道ヒルズ
3位 根津美術館

有名どころばっかりですみません(笑)
雑誌や写真で見るのと、実際に行ってみるのとはぜんぜん違いますね!
ここいいよ!ってところがあれば、ぜひ教えてください☆

東京2回、ディズニーランド、滋賀県、三重県、講演会、プチお出かけ…その他もろもろ充実した夏休みでした!おわっちゃったよ~涙

いろいろな場所にいってみて思ったことは、建物もおもしろいけど、
その地に住んでいる人とお話して仲良くなることもおもしろい!ということです!
自分からいろいろなことを質問してみると、地元情報や穴場スポットを教えてくれます!
今までだったらあんまりこんなことできなかったと思います。
NAFに入っていろいろなひとと出会ってかわったかもしれないです(笑)

すごい自分の話をしちゃってすみませんでした(笑)
お付き合いくださりありがとうございました!
以上下岡でした♪

Next is…..はじめくん!

Nagoya Archi Fes 2018

NAF2018の建築コラム、最初の投稿は、
広報委員長の家田です。よろしくおねがいします♩

去年から引き続き、今年もNAFや建築のことなど、それぞれの人が思うように沢山語ってもらって、建築コラムを充実させていきたいと思っております!!

まず、初回なのでNAFについて簡単に説明させていただきます。

「NagoyaArchiFes」通称NAFは、中部地域の学生によって構成されている建築団体です。今年で5年目となります。
NAFは、「中部建築界の活性化」を目標に、卒業設計展の開催などを企画し、学生だけで運営しています。
どうしたら中部の建築界を活性化できるのか、いろいろな企画も検討し、NAFは日々成長中です!!

決起会の様子
↑決起会の様子

わたしは去年は会場委員会で、今年から広報委員で委員長をやらせていただくことになりました。
わからないことも多く、やるべきことをこなしていくことで今は精一杯ですが、頼り甲斐のある副委員長たちもいるので、これから広報の幅を広げていくべく、皆で頑張っていこうと思っております!!

コラムは毎週火曜日と土曜日に更新していくので、是非見にきてください。

Twitterなども更新しているので、そちらもチェックしてみてくださいね♩

それでは、これで終わりにします。次回からもよろしくおねがいします。

NAF2017 最後の投稿

NAGOYA Archi Fes2017中部卒業設計展もすべての日程を終え、今年度 活動してきたNAFも残り反省会だけとなりました。

4年目をむかえたNAF。
様々な反省を受け継ぎ、昨年の『確立』するという活動から、
確立されたものを中部地域に落とし込むことを目指して活動してきました。

自分は、
NAF2年目の年から3年間スタッフとして、活動を見てきましたが、

ふりかえってみると、
各年ごとに違う色をみせ、活動を続けていること感じています。

そこが、学生団体であるからこその魅力だと思っています。

毎年、スタッフのさまざまな色が見え、
その年その年ごとの個性が反映される団体のスタッフとして、活動していけたことがとてもうれしく、中部地域の他大学の人と一緒に何かを運営できることが楽しかったです。

来年度も、スタッフの個性が反映され
NAFから、中部建築界の活性化がよりわかりやすいものとなるようにと思っています。

初めて、コラムが更新された年からスタッフとして活動してきて
この投稿で、9つ目になりました。

過去のコラムを読み返してみると恥ずかしくなると同時に、3年の長さを感じます。

過去の委員長からの最後の投稿は、どれも格好よく
文章を書くのが苦手な自分にとっては、大きなプレッシャーでした。笑

格好いいことは書けませんでしたが、
最後に

NAFに関わってくださった皆様、
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

これからも
NAGOYA Archi Fes をよろしくお願いします。

——————————————————
NAGOYA Archi Fes 2017 中部卒業設計展
広報委員長 中本豊

おはようございます!

今日のコラムの担当は、NAF2017代表を務めさせていただいてます名古屋市立大学3年の鏡亮太です。

去年は会場委員会の副委員長でした。お世話になりました。

 

今年は代表になって再登場です!

 

WBCを知っていますか?World Baseball Classic の略称です!

3年に一度の世界一を決める大会です。

日本はがんばってます。

NAFを知っていますか?

Nagoya Archi Fes の略称です!

建築学生による団体で、中部卒業設計展を運営しています。

第一日目も密な審査が行われましたね。

 

NAFもWBCも密度の濃い審査会、熱い試合と、参加者も来場者も盛り上がってますね。

NAFといえば、今日15日はお昼過ぎより、公開審査会が行われます。

昨日とは、まったく異なる審査員の先生方です。

どんな審査になるのか想像つきませんね・・・

今日の審査会では、どんな評価軸で、どの作品が議論になるのか楽しみですね!

会場でお待ちしてます。

 

次は今年度最後のコラム、

黙々と仕事を捌く、

我らが広報メディア委員会、

委員長。

みんなのアイドルゆたか君です!!!

PR

こんにちは、NAF広報委員、三年の和田晃です。
どんなことを書こうかなぁと、過去のコラムを読み返してみました。
みんな色々な話をしていましたが、建築やNAF、学校に関する話が多かったです!さすが、建築コラム!と思いました。中には「建築恋愛トーク論法」というユニークなものもありました!
みなさんも過去のコラムも面白いものもあるので、時間があるときにでも読んでみてはいかがでしょうか!!

過去といえば昔、昔と言えば歴史、歴史といえば大河ドラマ、大河ドラマといえば、井伊直虎!…来年です!浜松市がゆかりの地です!浜松の話がしたくて無理矢理こじつけました。ごめんなさい。。。
浜松市にはぬくもりの森があります。近くの市には、資生堂アートハウスや秋野不矩美術館、ねむの木美術館などがあります。これらは、前の全体会の「各県の魅力を知ろう!」と言う企画の中で出ていたのでたぶん有名なのではないかと思います。
ゆかりの地だから浜松に旅行したい!とお父さんが言っていたら、ついて行って、連れて行ってもらったりしたら楽しいかもしれません!
そうじゃなくても、是非浜松に旅行してみてください!井伊直虎もぜひ見てください!
以上、浜松PRでした!

NAGOYA Archi Fes 2017

NAF2017の建築コラム、最初の投稿となりました!
NAF広報委員長を務めています中本です。よろしくお願いします。

今年度も建築コラムを運営していくことに決まり、NAFや建築の魅力について語っていければと思っています。

コラム初回となるのでNAFについてを簡単に説明させてもらいます。

今年で4年目となる「NAGOYA Archi Fes」通称NAF(ナフ)は、中部地域の学生によって構成されている学生団体です。
「中部建築界の活性化」、「評価軸の多様化」を目標として掲げ、卒業設計展の開催などを企画し、指導教員はおらず、学生だけで運営していくことがNAFの特色です。


↑ 6/19 決起会の様子

自分は広報委員会として活動して3年目となり、これまでの反省などを踏まえて、より広報の幅を広めていきたいと思っています!

このコラムも毎週 火曜日と土曜日で更新していくのでよかったら見にきてください。
Twitter、Facebookも随時更新していくので覗いてみてください!

それでは、次回からもよろしくお願いします!