横山理紗 のすべての投稿

開会宣言!

おはようございます

代表の山田です。

ついに始まりましたねNAF!
昨日はたくさんの方にご来場いただきました。
難波先生、二川先生、加茂先生、金田先生、光嶋先生、忽那先生、大前先生、三宅先生、加藤先生、出展者の皆さん、来場者数皆さん、長丁場にも関わらず本当にありがとうございました。

僕個人としては3年目のNAFとなりました。
カメラマンとしてリハ中に怒鳴られた1年目、公開審査の日にに大寝坊をして裏で怒られた2年目。。
3年目は何をやらかすのか。。
しっかりやりとげたいですね。

代表って暇なの?なんの仕事があるの?
最近の1番多い質問です。
返答に困っちゃいます。。。笑
ちゃんと仕事はありますよ!
本番に限って答えると、
運営の仕事がスムーズに進んでいるかの全体把握。
緊急事態時の対応。
そして開会宣言、閉会宣言。
これくらいです……
正直な話、他のスタッフに比べると少ないですね。笑
設営、搬入通して4日間フル稼働のスタッフ達には本当に感謝感謝です。

僕も自分の仕事をやり遂げるための1番の山場は今日の開会宣言ですね。
大勢の前はほんとに緊張します。
頭の中真っ白になって沈黙しないように頑張りたいと思います。。。

また今日は公開審査。
公開審査員とファイナリストの熱い議論が見所です。
スタッフの動きとして、カメラマン等の映像の子達、模型を慎重に運ぶ会場の子達、司会の子。
みんな頑張ってます。そちらにも目を向けて見てください。
また、シート賞、模型賞の発表もあります!

ぐだぐだな文で申し訳ないですがここら辺で終わって、開会宣言の練習にうつりまーす。

今日もスタッフ全員、皆さんのご来場をお待ちしております!
審査員の皆様、出展者の皆様は本日もよろしくお願いします!
では、会場で。

いい建築って?

今日のコラム担当の渉外委員会2年の藤井佳帆です!

私は今年で建築を学んで2年になります。それなりに建築の知識を蓄えつつありますが、未だにどんな建築が良い建築とされるのか見分けることができません。
そんな話を昨年度のnafの審査員の先生としたことがあります。
その時先生は”明確な定義はないよ”と
いろいろな作品を見ることで自分の中にある”なんかこれいいな”を見つけていきなさいと教えてくださいました。

それから1年、色々な建築を見に行こうとは思いつつもそんなにたくさんの建築を訪れることは できませんでした。
課題の忙しさと旅行のためのバイトでなかなか時間は取れません。
そんな中でnafはたくさんの作品を見ることのできる良い機会だと思います!

ぜひ今年のnafに遊びに来て自分の中にある”なんかいい”を見つけてみてください!

NAFの見所

こんにちは
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

NAF2016代表を努めております
名古屋工業大学3年
山田晃大 です

ということで、今年のNAFの見所をざっと!
去年と変わったところをメインに、
詳しくはおいおい……
出展者、来場者の方々に耳よりな情報になれば幸いです。

ひとつめ!
総合審査員の方が2日間通して来てくださります。
自分の作品をしっかり伝えるチャンスはたくさんあります!
来場者の方々も出展者と審査員のたくさんの議論が間近で聞くことができます。
先輩方の積極的な姿勢楽しみにしています。

ふたつめ!
出展者同士の議論の場があります。
今まで共に卒業設計に取り組んでき、普段話すことのめったにない、仲間でありライバルである出展者同士が互いの作品を評価します。
出展者にとって必ずやいい刺激になるのではないでしょうか。

みっつめ!
展示期間が3日間あります。
1.2日目にたくさんの評価、議論が生まれ、参加者はより深く作品を理解していきます。
あの作品あんま見なかったけど評価されてた!見たい!
シートや模型もうちょっと読み込みたい!
そんな時は、3日目にご来場ください!
評価され終わった作品、スタッフがお待ちしております。

というような感じで今年のNAFは開催されます。
3月11日(金)~13日(日)
皆様に会場、吹上ホールでお会い出来ることを楽しみにしています。
どうぞ今年度のNAFもよろしくお願いいたします。

こんにちは、2016年!

おひさしぶりです
広報メディア委員会副委員長、横山理紗です!

ついに年が明けてしまいましたね…あけましておめでとうございます
今日、ようやく講評会が終わり、半月ほど世の中に置いてかれているわたしはまだ2016年の響きに慣れません。
でも今回はじめての共同設計の課題、友達と3人で合宿体制で昼間はお正月番組が流れ、夜は女子トーク(煽りあい)をしながら模型を作るというたのしい冬休みを過ごしたので建築学生的にはかなり充実したお正月休みだったなって思います( ´ ω ` )
まだおみくじを引いていないので今年の目標がみえていませんが。

でも!そんなこといってられません
もう今年ですNAF本番…!
3月11日から13日までですよ、スケジュール帳には書いてありますか?( ´ ω ` )
あと2ヶ月とちょっと…はやいですね~
はやいものといえば!
はやいもので建築コラムの更新も広報メディア委員全員が更新しました。
ということで、これからは委員長や副委員長たちにコラムをバトンタッチです!
NAFに関する面白いお話や、建築対する熱い思いや、委員会がどんなことを普段してるかなどたのしいお話をしてくださるみたいです(・ω・人)゛
たのしみですね(・ω・人)゛
たくさんお話してくださる先輩や同期のひとかばかりなのでトークテーマもなくなります!
次回はNAF2016代表、山田先輩の投稿です!

私も今からネタを探しておきますね…!
それではまた…!

ちょっとした記事

こんにちは!
今回の更新は、広報メディア委員会副委員長 横山理紗が担当させていただきます!

はじめての更新ということもあり、とても緊張しています。
何を書こうか考えてはみたものの緊張して何を書いていいかわからなくなってしまったため、とりあえず頼れるGoogleで「コラム」という言葉の意味を検索してみました。

《コラム:新聞・雑誌などで、線で囲んだ、ちょっとした記事》

ちょっとした記事・・・ 聞こえはなんだかたいしたことなさそうです
よかった!

それではわたしのちょっとした記事をかかせていただきます。

わたしは、椙山女学園大学生活科学部生活環境デザイン学科に通っています。
「衣食住について科学的に考え、自分の生活環境にかかわっているものすべてのデザインを学ぼう」
そんな勉強をしています(たぶん)
専攻がいくつかある中のわたしは建築インテリアをメインに学んでいます。

1年生の時、つらかった受験勉強から解放され建築学生になったわたしは、
高校までの、問題集をひたすら解く勉強とはちがって建築を学ぶには
旅行して建物見にいくことも、雑誌を読むことも、想像して自分の手で作ることも、人と出会うことも、すべてが勉強になるというのが新鮮でたのしくてしょうがなくて学科の友達たちとあちこち建築を見に行きました。

そのなかでも大好きになった建物があります。
豊田市美術館をご存知でしょうか。
谷口吉生さんの設計の美術館で、名前の通り豊田市にある美術館なのですが、
すべてが計算されたように均一に並んだ壁、どこまでもつながっていきそうなタイルや壁の継ぎ目の線、2階を出たところにある広場にある大きな水盤など、建築を学び始めた私はとにかくすべてがかっこよくて素敵な建物に出会えたと思い、どきどきがとまりませんでした。
だいすきすぎて、2年前期のCADの授業でもこの美術館を選択課題で選びました。

そんな豊田市美術館ですが、1年生で見に行ってすぐに工事にはいってしまい、1年ほど休館していました。
それが、今日!リニューアルオープンなのです!!!!(*’▽’)パチパチ
早くいきたい今すぐ行きたいと、とてもわくわくしております!!!(*’▽’)(*’▽’)

建築学生とはいってもまだまだ駆け出しで知らないことばかりです。
しかし毎日の授業やいろんな活動でどんどん世界が広がっていく感覚を感じています。
もし建築を学んでいなければこんな素敵な建物や建築を学ぶいろんな地方の大学の人に出会わなかっただろうと思います。
これからどんどん新しいことを学んでいくことがすごく楽しみです!
卒業設計で四年間で学んだこと研究したことを納得いく形にできるのか、それをNAFなどの卒業設計展に出した時、四年間考えてきたことをどう評価されるのか、とてもわくわくしています。
(そのためには苦手な構造力学を攻略しなければならないのが一番つらいところです・・・・・(‘_’))

ちょっとした記事なのに長くなってしまいましたが、以上です!
読んでくださってありがとうございます。

それではまた!(‘ω’)ノ