芹川 拓人 のすべての投稿

構造分野の話です!

こんばんは、広報メディア委員会、名古屋工業大学二年の芹川拓人です。

 

今回は、構造分野について書きたいと思います。

構造家、構造エンジニアと聞いてピンと来る人は少ないと思います。

佐藤淳さんや金箱温春さんと聞くと分かる人もいるのではないでしょうか。

今回審査員を務めてくださる金田充弘さんも構造エンジニアとして活躍されています。

 

一つだけ事例を紹介したいと思います。

 

Yoyogi-National-First-Gymnasium-01

多くの人が知っている、国立代々木競技場です。

国立代々木競技場の設計者は、丹下健三さんで、構造設計を担当したのは坪井善勝さんです。

丹下健三さんが提示した「吊り屋根方式」を実現しつつ、建物の形態の美しさも両立させるべく、坪井善勝さんを筆頭とした構造チームが活躍しました。

屋根形状の検討で行き詰った時に、当時28歳だった川口衞さんによって「セミリジッド・サスペンション構造」が発案され、屋根形状が決まりました。

当時の日本ではケーブル構造の事例は、福岡県の若戸大橋の一例のみでした。そういった状況の中で、試行錯誤を繰り返し、代々木競技場の構造を発案・実現したのはすごいの一言です。

 

ちなみに、川口衞さんは福井県出身です。

自分も福井県出身なのでそのことを知ったとき嬉しくなりました(笑)

 

 

最初に書きましたが、NAF2016では構造エンジニアの金田充弘さんが審査委員を務めてくださいます。

金田さんの紹介はNAF2016ホームページ:http://nagoya-archi-fes.com/home.phpからご覧いただけます。

構造エンジニアという立場から、建築家の方とは違った意見を聞くことができるのではないでしょうか。

 

 

次の担当は、渉外委員長の平林さんです。

 

初めまして。

こんにちは。

名古屋工業大学建築・デザイン工学科2年 広報メディア委員会の芹川拓人です。

 

昨日、第二回全体会が名工大にて行われました。

委員会の活動報告などが行われ、ワークショップも行われました。

また、レッドブルの差し入れがあり、代表挨拶の際に参加者全員で飲みました。レッドブルは建築学生にとっては欠かせないものですよね。大学生になってから凄くお世話になってます。ちなみに受付でレッドブルを配っていたのは自分です(笑)

ワークショップでは、6名ほどのグループに分かれ、あるテーマに沿って模型を作るというものでした。時間も限られていたので大変でしたが、どの班も個性豊かで完成度の高い模型ばかりでした。同じテーマでも班ごとに全く異なる作品になっていて、とても面白かったです。

 

話は変わりますが、木造住宅っていいですよね(笑)

自分が住んでいた家は、木造なのですが壁紙がほとんど使われていません。そのおかげでいつも木の匂いがあり、すごく落ち着く場所です。設計した父に聞いたところ、大分県から取り寄せた木を使ったそうです。

 

今、学校の設計課題で木造の地域交流センターを設計しています。今までは住宅だけだったので、規模が大きくなり、かなり苦戦しています。ですが、木造ということもあり、凄く楽しいです。設計課題は大変ですが様々なことが身に付きますし、建築学科の醍醐味だと思います。

 

2015年も3か月を切り、これからNAFの活動が本格的になってきます。

昨年度以上に盛り上がる設計展になるよう広報活動を頑張っていきたいと思います。