位田健太 のすべての投稿

未来への種まき

出展者の模型搬出や片付けが一段落し、二日間に渡って開催されたNAGOYA Archi Fes 2015 中部卒業設計展が終わりました。

二年目を迎えた我々NAFに発足時から課せられていたのは、
昨年度の盛り上がりを持続させ、NAFとしての地盤を強化しつつ、渡されたバトンを来年度へとつなぐこと
でした。

簡単に言ってしまえば、
「今年もいい感じにできて、来年もいい感じにできるように頑張ろう!」
なのですが…これがなかなか難しい。

その理由は、第一回中部卒業設計展のブックレットに収録されている次の文から察することができます。
(まだ読んでいない方は是非!今年度版も9月頃出版予定です!)

「——何年かごとに盛り上げたいというものが現れて、その一瞬は盛り上がって、現在の大学3年生は盛り上がっているのですが、次の年からそれが義務化された後輩たちが引き継いで廃れていくと思うんですよね。——」

この言葉をお借りすれば、今年度の実行委員会はまさに「義務化された後輩たち」第一号が集まったということになります。

一年だけの突発的なもので終わらせないために。今年度のNAFは、代表の判断の下で様々なことを変える判断をしました。

具体的には、
・卒業設計展以外のイベントに参加もしくは企画をすること
 連続レクチャーシリーズ(1,2,3)
 創造都市SAPPOROプロジェクト
 団体内WS
 他団体合同WS
 建築文化週間参加
 フリーペーパー制作…
・集大成である卒業設計展で、審査・演出方式をリニューアルさせ昨年とは違った卒業設計展をつくること。
です。

結果、新しく企画したイベントも卒業設計展も開催のたび賛否両論。(特に卒業設計展に関しては、最悪だからもうやめた方がいいとかSNSで書かれたりもしました。)

発足から日が浅く学生主導ゆえに未熟で、反省すべき点が多くまだまだ発展途上の団体、NAF。

ただ無理矢理視点を変えれば、こんな見方もできます。

日が浅いからこそ過去に囚われず、学生主導だからこそ変化に富み、その年特有の特徴が出来上がる団体、NAF。

今年度のNAFは、昨年度の先輩が残していった卒業設計展の引き継ぎと同時に、別イベントという将来への種を蒔きながら一年を過ごしました。
蒔かれた種の中から無事芽を出し3年目・4年目へと成長を続けるものもあれば、受け継がれた後輩たちの判断によって間引かれてしまうものもあるでしょう。

そういった中で、団体コンセプト「中部建築界の活性化」が来年はどのように形になるのか。
まだ誰にもわかりませんが、そこがまた面白い。
卒業設計展は終了しましたが、今後のNAFも気にかけていただけると嬉しいです。

いち委員長より、最後の挨拶でした。
——————————————————-
NAGOYA Archi Fes 2015 中部卒業設計展
広報委員会 委員長 位田健太

名古屋の熱い4日間

本日の担当はいんでんです、よろしくお願いします!

いよいよ、NAF2015 中部卒業設計展まで残すところ31日となりました…!
名古屋工業大学に構えているNAFの事業本部も、日毎にそわそわとし始めています。
出展をお考えの方、一次登録の〆切は2/16(月)です。忘れずに登録をお願いしますね。


[事業本部はこんな感じ。これからどんどん散らかっていくと思われます…]

さて本日のタイトルは、「名古屋の熱い4日間」としました。

4日間…?
そう思った方も多いのではないでしょうか。
この4日間とは、3月の9,10,11,12を指します。
11,12はもちろんNAFです。ぜひ、両日とも会場にお越しください。

じゃあ9日と10日は何か。
同じく名古屋で、デザイン女子No.1決定戦(以下、デザ女)というイベントが開催されるのです。

NAFは、中部地方の建築に関する卒業設計を対象としています。対してデザ女さんは、全国の学生を対象にしたデザインに関する卒業設計・制作を対象にしています。

つまり、こういうことです。
3/9,10 華やかな会場で繰り広げられる、女性たちの熱い戦い。
3/11,12 卒業設計に特化した、中部建築学生の熱い戦い。
名古屋から建築・デザインの魅力が発信される4日間になること間違いなしです。

大会を誰にとっても実りあるものにしたい、こんな思いはNAFスタッフもデザ女スタッフさんも一緒だと信じています。そして企画運営をしている学生が違うからこそ、それぞれの企画/演出方法が個性として出てくるはずです。
連続開催であるからこそ、そういったところも敏感に感じ取れるのではないでしょうか。

特に遠方からお越しの方、NAFだけ、デザ女だけで帰ることは勿体無いと思いませんか?
少しでも「そうかもな…」と思った方、今すぐ予定を入れてしまいましょう。

今日はこの辺りで失礼します。

コラム更新日追加のお知らせ

こんにちは、広報委員長のいんでんです。
今日は番外編で、告知をしようと思います。

この建築コラムはこれまで水・日の更新でしたが…新たに月・金も更新されるようになります!
月・金の更新は、主に「総会メンバー」といわれる人たちが登場します。

「ん、総会って何だ…?」

大半の方がそう思われたと思うので、NAFの組織運営も含めてここで書いておこうと思います。

NAFは現在
デザイン/渉外/会場/審査/演出/広報の6委員会、静岡県/三重県の県外拠点、および総務という構成で活動をしています。

総会メンバーというのは、6委員会の委員長・副委員長と総務(代表含む)の4人。
この16人のことを指しています。

各委員会の会議とは別に、この16人は月に2~3回程度会議を行い、委員会活動の報告/今後のスケジュール編成/予算見積もり…挙げていくときりが無いですが、

「150名の団体をどうまとめるか」
これを常に議論しています。


[スタッフ全員が集まる前で活動報告をしたりします。緊張です。]

堅苦しそうだと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。ON/OFFの切り替えのできる、個性豊かな16人の面々です。

そんな彼らが登場するコラムが、16日(金)から始まります。
それぞれの委員会がどんな仕事をしているか、よくわかる機会になると思います。お楽しみに!

多忙の中に見えるもの

2014年最後の更新日となりました!
担当はいんでんです、よろしくお願いします。

師走もついに最終日ですね…
ということで、今日は「忙しさ」をテーマに書いてみようと思います。

他学部・他学科に進んだ友人に、僕ら建築学生の普段の生活について話すとやはり
「建築って忙しいね〜」
そう言われることが多いです。

大学に泊まりがけで徹夜作業をする者あり、床で寝る者あり、進捗状況に焦って突然叫びだす者あり…
それはそれは混沌とした風景の中で、建築学生は生きています。(笑)


[回転椅子で寝るという器用なこともできるようになります]

しかし。
そんな毎日は、常に充実感をもたらしてくれます。
苦楽を共にした友人との思い出話は既に数知れず。皆で刺激しあうことで、建築の奥深さを知ることができます。
こういうところが建築学生ならではなのかなと思います。

さて。
卒業設計に取り組む四年生の方々はきっと、自身の思いを伝えるべく、過去最大級の忙しさを乗り越え出展してくださるのでしょう。一つ一つの作品に、上記のような激動の日々が見え隠れすると思います。
会場でぜひ、そういった部分も感じてみてください。

いよいよ中部卒業設計展の開催まで3ヶ月を切りました。皆さんのスケジュール帳、3/11,12の欄に「NAF」と書かれているでしょうか?
まだの方はお早めに。

それでは、良いお年を。

建築学生でなくても

日曜日、コラム更新の日です!
今日の担当はいんでんです、よろしくお願いします。

いきなりですがここで問題です。下の写真は何に見えますか?
P9280308

「紅の豚…?」
僕は最初そう見えました。(笑)

これは香川県立体育館という建物で、建築家の丹下健三氏によって設計されました。(ちなみにネット等で調べて出てくるのは下のような写真です。)
IMG_3376

最初に示した写真は、この建物の外壁の一部だったんです。
巨匠が設計した建物だからという観点ではなく、ただかわいく見えたから。それだけの理由で、僕は一枚目にお見せした「壁の写真」が気に入りました。

この記事を読んでくださっている皆さんにも、そういった経験はないでしょうか。
高層ビルの迫力に驚かされたり、田舎町の駅舎に懐かしみを覚えたり、住宅街を歩き家の窓から漏れる光に温もりを感じたり…

「よくわかんないけど、なんとなく好き」
そんな景色があれば、毎日の通勤や通学が少し楽しくなりますよね。

3月の卒業設計展には、建築を専攻してきた学生たちの集大成が集います。
「専門的なイベントだし建築よく知らないから…」
いえいえ。さきほど書いたように、専門知識がなくとも色々なことを感じられるのが建築です。それが面白いところです。

建築に携わっていない方も大歓迎。自分だけのお気に入りの何かを、見つけに来てみませんか?
3月11日,12日。スタッフ一同、会場でお待ちしております。

NAFって?

水曜日、更新の日となりました!
今日の担当は広報委員長を務めます位田(いんでん)です。よろしくお願いします^ ^

突然ですが、NAFって一体何をしている団体かご存知でしょうか。
「去年の3月に卒業設計展やってたような…」

そう、それです。
「中部の建築界を盛り上げる!」この意志のもと、昨年度にできたフレッシュな団体です。
P3180743
[昨年度の一次審査の様子]

4月から新たに発足したNAF2015においても、来年3月末の卒業設計展へ向けて準備が進んでいます。
指導教員はおらず、有志の学生スタッフ150名で企画を進めている…これがNAFの”ウリ”です。
IMG_3510
[全体会の様子]

今年度から新たに取り組んでいる、卒業設計展以外の企画も盛りだくさんです。
一度には書ききれないので、その詳細はおいおいご紹介していくことになると思います。乞うご期待!

さて、最後になりましたが広報委員長としてご挨拶を。
我ながら、広報活動って地道だな…と感じています。しかしそれにめげず、このコラムも含めこつこつと活動をし、少しずつNAFの知名度を向上させていけるよう委員会一同で邁進していきます。
今後もよろしくお願いします!