竹中大工道具館

はじめまして。名工2年の原田といいます。
今回は僕が先日訪れた兵庫県神戸市にある竹中大工道具館についてお話したいと思います。
ここは2014年10月4日に開館したばかりの新館で大工の専門道具や職人さんたちが作った美しい作品などを展示しています。
入館料は通常大学生で200円なのですが、僕が行った11月15日は偶然「関西文化の日」だそうで無料で見学することが出来ました。
今回、ここで実物大の物を見たり実際にさわって体感することにより大学の授業で教わったことをより一層身近に感じることが出来ましたし、新しい発見もすることができました。
またここでは展示物の内容だけでなく、吹き抜け部分に木組みのシンボルとして唐招提寺金堂の組物を実物大の大きさで設けていたりなど展示の仕方も工夫もされていて非常に面白いです。
内部の写真も載せたいのですが職員の方によりますとネットに載せてはいけないとのことでしたので残念ながら今回おみせすることは出来ません。
土壁が用いられている部分があったり、天井、階段、光の取り入れ方など建築物としても見所が多いですし、興味がある方は是非いちど足を運んでみてください。竹中大道具館1大工道具館2