1年を振り返って

こんにちは。名城大学1年の大枝拓真です。アーキテク茶会に所属させて頂いております。

最初の大学生活も残り2ヶ月程となりテストを残すだけとなりました。今回このコラムを書かせていただく機会が回ってきたのでこの建築学科としての1年を振り返してみたいと思います。

「つくる」「考える」ということが好きで建築学科に入って9ヶ月、周りの1年生や先輩たちの建築に対する熱がものすごく圧倒される毎日でした。まだNAFの活動ではアーキテク茶会しか参加していませんが先輩たちと活動できることが楽しく、深く学ぶことができNAFに入ってとても充実した生活が送れてきました。

もう平成と1年生が終わりを迎えようとしてます。昨年はあまり上手に時間を使うことができず、自分で自分を追い込んでたと思うので今年からは年号とともに生活を一変していき、時間を効率よく使えるようにして、建築をより学んでいきたいです。