NAFとは

NAFとは

NAGOYA Archi Fes 2021(通称NAF)は、「中部建築界の活性化」理念に掲げており、それに向け学生の力で何ができるのかを考え、多岐にわたる活動を行なっています。今年度で8年目を迎えるNAFは、現在、中部地方の10大学から総勢99名の学生が集まり、3月23.24日に行われる中部卒業設計展をメインに、他にも、設計展の会場デザインや、地域の建築家とのイベント、名古屋でポップアップの制作などを年間を通して行なっています。

中部卒業設計展コンセプト

NAF2021 中部卒業設計展では、今年度のキャッチコピーとして「with」を掲げています。コロナ禍によって人との距離や空間のあり方などの考え方が変化しつつある世の中で、コロナウイルスとの関わり方はもちろん、人との関わり方、建築との関わり方なども時代とともに変化していると捉え、そのようなさまざまな関係性の変化を考えるきっかけの場になることを意味しています。今年度も多分野の審査員をお招きし、さまざまな方向からの審査をしていただきます。審査員、出展者、来場者の皆様にとってより良い関わりが生まれるような卒業設計展になることを期待しています。

NAF2021代表より

NAGOYA Archi Fesは、中部建築界の活性化を理念に掲げた活動を始めて8年目を迎えました。
8年間で、有志で集まった多くの学生によって、さまざまな活動が行われ、4年生の集大成となる卒業設計展の開催を実施してきました。

現在、コロナ禍によってさまざま日常が変化しつつありますが、私たちは、感染症対策を万全に行なった上で、今まで築かれてきたNAFの良さを継承し、建築界により良い変化をもたらせるような卒業設計展に向けて取り組んでいきます。

このたびは、開催にご協力いただいた審査員並びに協賛企業、団体の皆様にお礼を申しあげるとともに、出展者の皆様が4年間の集大成を充分に発揮できる場になることを期待しています。

NAF2021代表 日本福祉大学3年 筒井 雅