審査の流れ

本設計展では 「評価軸の多様化」 をコンセプトとした審査を行います。下図は今年度の審査の流れについての説明です。縦軸は「審査する人」の多様化における変化、横軸は「時間経過、発表回数」の多様化における変化を表しています。

詳しい内容は下記の審査員審査内容企画内容の項目をご覧ください。

審査員

■総合司会
光嶋裕介 建築家   光嶋裕介建築設計事務所主宰

経歴

1979 - 87 米国ニュージャージー州生まれ
1987 - 92 奈良在住(小学校)
1992 - 94 カナダ、トロント在住(中学校)
1994 - 95 イギリス、マンチェスター在住(中学校)
1998 早稲田大学本庄高等学院卒業
2002 早稲田大学理工学部建築学科卒業
2004 早稲田大学大学院修士課程建築学専攻卒業
2004 - 08 ザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツ勤務
2008 - ドイツより帰国、光嶋裕介建築設計事務所主宰
2010 - 桑沢デザイン研究所 非常勤講師就任
2011 - 12 日本大学短期大学部 非常勤講師就任
2012 - 15 首都大学東京 助教就任
2013 - 大阪市立大学 非常勤講師
2015 - 神戸大学客員 准教授就任

凱風館


祥雲荘


旅人庵



■総合審査員
   審査委員長
難波和彦 建築家   難波和彦+界工作舎   代表

経歴

1947 大阪生まれ
1969 東京大学建築学科 卒業
1974 同大学院博士課程 修了
1977 界工作舎 設立
1996 株式会社 難波和彦+界工作舎 代表取締役
東京大学建築学科、早稲田大学建築学科、東京工業大学建築学科 講師
大阪市立大学建築学科教授
2003 - 2010 東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 教授
2010 東京大学名誉教授
現在 難波和彦+界工作舎 代表
放送大学客員教授

EXマシン1990「別荘情報館」


箱の家シリーズ 箱の家 001


なおび幼稚園



二川由夫 GAシリーズ編集長   写真家   評論家   A.D.A.EDITA Tokyo代表

経歴

1962 東京都生まれ
1985 早稲田大学理工学部機械工学科卒業
1989 プリンストン大学建築学部修士課程修了
現在 A.D.A.EDITA Tokyo代表 GAシリーズ編集長

GA シリーズ


誰も知らない建築の話(出演)


日本の建築家 ( 聞き手 )



加茂紀和子 建築家   みかんぐみ

経歴

1962 福岡県生まれ
1987 東京工業大学大学院修士課程修了
1987 - 1992 久米建築事務所(現久米設計) 設計室
1995 みかんぐみ共同設立
1997 - 2002 千葉大学非常勤講師
1999 - ICS カレッジオブアーツ講師
2008 - 東京理科大学、昭和女子大学非常勤講師
2015 - 名古屋工業大学 教授

愛・地球博トヨタグループ館


マルヤガーデンズ


マーチエキュート神田万世橋
(万世橋高架下開発)



金田充弘 構造エンジニア   東京芸術大学美術学部准教授

経歴

1970 東京都生まれ
1994 カリフォルニア大学バークレー校
環境デザイン学部建築学科卒業
1996 カリフォルニア大学バークレー校
工学部土木環境工学科修士課程修了
1996 - 2005 Arup 東京事務所勤務
2005 Arup ロンドン事務所勤務
2007 東京芸術大学美術学部准教授

メゾン・エルメス ( 意匠設計 レンゾピアノ )


台北メトロポリタン ( 意匠設計 伊東豊雄 )


メディアコスモス ( 意匠設計 伊東豊雄 )



■個別審査員
忽那裕樹 ランドスケープデザイナー株式会社   E-DESIGN 代表取締役

経歴

1966 生まれ
1990 大阪府立大学農学部緑地計画工学講座卒業
2000 環境デザインスタジオ E-DESIGN 設立
大阪市立大学工学部環境都市工学科・非常勤講師
大阪府立大学大学院・演習指導
立命館大学大学院 SDP・客員教授
立命館大学理工学部建築都市デザイン学科・非常勤講師
関西大学環境都市工学部建築学科・非常勤講師
京都造形芸術大学環境デザイン学科・非常勤講師
京都市立芸術大学デザイン科・非常勤講師

ヌーヴェル赤羽台


水都大阪フェス「水と光のまちづくり」


近畿大学「洗心の庭」



大前貴裕 建築家   株式会社ミユキデザイン取締役

経歴

1974 岐阜県生まれ
1997 名城大学理工学部建築学科卒業
2000 - 2004 大建設計株式会社
2004 - 2012 有限会社大建 met
2012 - ミユキデザイン一級建築士事務所設立
2013 - 岐阜高専建築学科 非常勤講師
2011 - 2013 岐阜市商店街活性化プロデューサー
※(財)岐阜市にぎわいまち公社より受託

垂井の眼鏡店「navii」+「house」


柳ヶ瀬 SUNDAY BUILDING MARKET


美殿町 つくる市

三宅博之 インテリアデザイナー   三宅博之デザインオフィス代表

経歴

1975 三重県伊勢市生まれ
1997 大阪芸術大学デザイン学科卒業
1997-2003 タカラスペースデザイン ( 株 )
2003-2004 英国留学
2005 三宅博之デザインオフィス設立

Cascade


RONO


granny.m



加藤幹泰 NPO法人   大ナゴヤ大学学長 (理事長)

経歴

1984 名古屋市中川区生まれ
2004 - 2006 Tacoma Community College 中退
2006 - 2012 株式会社アドバ
2012 - 2013 NPO 法人スマイルスタイル
2013 NPO 法人大ナゴヤ大学 学長

田舎暮らし女子トーク
∼山里からはじめる、持続可能な暮らし∼


デザイン都市なごやを考える1日
∼私たちの街の デザイン を探してみよう~


SOCIAL TOWER MARKET

審査内容

一分間アピール ( 1日目 10:20 ∼ 12:25 第二ファッション展示場西側 )

総合司会、審査員の 4 名、個別審査員 4 名の計 9 名の審査員の前で全ての出展者による 一 分間アピールを行います。
1分間アピールを行うことにより出展者全員が発表する場ができ、審査員や出展者に作品を伝える機会になります。

ポスターセッション ( 1日目 13:15 ∼ 16:25 第二ファッション展示場東 , 西側 )

総合司会、審査員の 4 名、個別審査員 4 名の計 9 名の審査員の前でポスターセッションを行います。
1 人 6 分のポスターセッションを行います。事前審査と一分間アピールによって応募作品の中から事前に選ばれた作品から優先的に権利が与えらます。ここで選ばれなくても当日のアピール次第でポスターセッションの機会を得ることができます。ポスターセッション後、総合司会、審査員 4 名にてファイナリストを 8 作品を選出します。

公開審査 ( 2 日目 12:30 ∼ 18:20 メインホール )

総合司会と審査員の 4 名と一次審査で選ばれた 8 人により議論を行います。
第一部と第二部に分かれています。第一部ではファイナリスト 8 名がプレゼン 5 分、質疑応答 8 分を行います。第二部では総合司会を中心に作品についてディスカッションします。最終的に審査員の審議により最優秀賞 1点、優秀賞 2 点を決定します

企画内容

学生審査
(1 日目 16:55 19:00 第二ファッション展示場東,西側 )

グループ編成 出展者全体を16グループに分け、A、B2つのグループで1組とし、計8組に分かれて予選を行います。 予選 1人につきプレゼン2分、質疑応答2分で各組ごとにグループセッションを行います。A は B を審査し、B は A を審査します。さらに A、B の代表者2名による決戦投票を行い、各組1名の決勝進出者を決定します。個別審査員には、自由に巡回していただきます。 決勝 各組の代表8名による決勝を行います。決勝は、個別審査員、出展者全員の前で行います。1人につきプレゼン2分、質疑応答3分で進めていきます。個別審査員と学生はそれぞれ1人1票を投じます。その後個別審査員から個人賞を選んでいただきます。

一般投票
(1 日目 、2 日目 11:00 まで第二ファッション展示場東側 )

当日来場していただいた方に投票していただきます。模型賞とプレゼンシート賞の二作品を選んでいただきます。