NAFとは

NAF(NAGOYA Archi Fes)は中部圏最大規模の卒業設計展を運営する学生団体として2013年に発足しました。「中部建築界の活性化」、「評価軸の多様化」という2つのコンセプトを軸として、卒業設計展の運営とともに、様々な活動を行っています。

これまでのわたしたちの活動がイベントフォトページに掲載されています。イベントフォトページはこちら

大会テーマ

今年度の中部卒業設計展のテーマは「創造のスペクトル」です。

多様な視点のなかで、何度も作品に向き合う場を設けることによって本設計展がプリズムの役割を果たすことを目的とします。


実行委員長より

本設計展は中部地域の建築界を盛り上げ、建築に対する意欲を社会へ発信することを目的とします。
学生・建築家・教育者を巻き込んだ議論の場を作り上げるべく、中部の建築学生が集い本設計展を開催します。

卒業設計は一人ひとりの価値観によりつくられる学部活動の集大成です。それらの中で単に優劣を競うだけでなく、学生・建築家・教育者・他分野の方々の様々な評価軸の下で自己の価値観を見つめなおす場を設けます。

1分間アピールは自分の作品をより多くの人に向けて発信することで議論の種が生まれる場、ポスターセッションは国内外で活躍されている方と1対1で対話することで作品を深く理解、解釈する場、企画では学生間で審査を行い、共に卒業設計に取り組んだ仲間と作品を通して意見を交わし合う場となります。公開審査では、2日間通して同じ審査員に作品を見て頂くことで、さらに発展した議論を行う場となると考えます。

3日間の開催期間を通して、皆様が様々な作品に触れ幾度も議論を重ねることで、本設計展が建築に対する考えを見つめ直す機会となることを願っております。

実行委員長 山田晃大(名古屋工業大学)